2005年10月21日

パラグアイの米軍「民主主義拡大」を準備
〔U.S. Military in Paraguay Prepares To "Spread Democracy":Original Article in English/ZNet原文

ベンジャミン・ダングル〔Benjamin Dangl〕;2005年9月16日


パラグアイで論争が巻き起こっている。米国軍が秘密裏に作戦を行っているのである。7月1日、飛行機、武器そして弾薬と共に、500人の米国の軍隊がこの国に到着した。目撃者の証言によると、ボリビアとの国境から200キロの地点にあるパラグアイのマリスカル・エスティガリビア〔Mariscal Estigarribia〕に空軍基地が存在し、そこを米国軍が利用している可能性がある。パラグアイの高官らは、軍事計画はお決まりの人道主義的な貢献であると主張し、米国基地につながる計画が進行中であることを否定した。しかしながら、その地域の人権団体らは心底心配している。ホワイト・ハウスの高官らは軍事作戦の論拠を作り上げる為、(パラグアイ、ブラジル、アルゼンチンが接している)3カ国国境地域〔tri-border region〕におけるテロリストの脅威というレトリックを使っている。これは色々な面で、イラク侵略へと向かった売込みを連想させる。(1)

3カ国国境地域は、世界最大級の水資源の1つであるグアラニ帯水層〔Guarani Aquifer〕を有している。エスティガリビア空軍基地の近隣には中南米で2番目に大きい、ボリビアの天然ガス埋蔵地が存在する。政治分析家達はパラグアイの米国作戦が、上記の天然資源を支配する為と、ボリビアにおける社会的暴動を鎮圧する為の予防戦争の一部であると確信している。

アルゼンチンのノーベル平和賞受賞者であるアドルフォ・ペレス・エスキベル〔Adolfo Perez Esquivel〕はパラグアイの状況について「ひとたび米国が到着すれば、彼らが去るまでに長い時間がかかるだろう。そのことが私をぞっとさせる」と述べた。(2)

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:25 | TrackBack(0) | パラグアイ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。