2005年09月09日

マルコス副司令官による、サパティスタの若き兵士たちとメキシコの密林に現れたペンギンのお話を抄訳して掲載。(本文中リンクは訳者による)



ラカンドン密林のペンギン

〔A Penguin in the Selva Lacandona:Original Article in English/ZNet原文〕

マルコス副司令官〔Subcomandante Marcos〕:2005年7月28日

初出はスペイン語で、サパティスタ民族解放軍による〔Originally published in Spanish by the Zapatista Army of National Liberation〕

〔英文〕翻訳by irlandesa


第1部

(サパティスタは「メキシコ」と呼ばれる道に、「中南米」と呼ばれる地区〔barrio〕に、「世界」と呼ばれる町に位置した、些細な、ことによると最も小さな家である。)

あなたは信じないだろうが、エセタ司令部にはペンギンがいる。あなたは「えっ、何があったのだい? あなた達は既に緊急事態発令訳注1によって騒ぎを起こしただろう」と言うだろが、本当なのだ。実の所、これを私が書いている今、彼(ペンギン)は私の傍らで、私の今日のコーヒー付の配給である固く、古くなったパン(あと少しでペニシリンに成り代わるほどの、あまりにも多くのカビが生えている)を食べている。その通り、ペンギンである。だが、第6〔ラカンドン密林〕宣言訳注2について語らなければならないから、このことについてはもう少し後で語ろう。

私たちは、第6〔ラカンドン密林宣言〕についてのあなた達の疑い、批判、助言と議論を注意深く読んだ。全てを読んだわけではないけれども、それは怠惰のせいではなく、メキシコ南西部の山々の道を引き伸ばしている雨と泥のせいなのである。そこには複数の論点があるが、この文章においてはその内のいくつかだけに言及する。

〔以下批評に対する反論省略〕


第2部

メキシコ、中南米、及び世界に関する第6ラカンドン密林宣言の主張に対する批評について語ったところである。さて、返答として、いくつか質問をさせて欲しい。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 02:19 | TrackBack(0) | メキシコ
2005年07月10日

先月中旬、4年程の沈黙を破って、サパティスタ民族解放軍(EZLN)が全面警戒態勢を宣告し、表舞台に浮上した。ただ、後に続いたコミュニケ(公式声明)で武力闘争は否定したのだが、この全面警戒態勢が何を意味するのかが不明瞭で、6月下旬には様々な憶測が飛び交った。この後のEZLNが取る方針を詳しく記した「第6ラカンドン密林宣言」が出された。

この宣言の第一部はサパティスタの闘争の歴史を語り、第二部では、今彼らが置かれた状況と問題点――例えばEZLNの政治・軍事部門は、軍隊であるからこそ、民主的にはなりえない等――を、第三部では彼らの世界観――資本主義は搾取によって成り立っていて、それが新自由主義的地球規模化と共に世界を破壊する、等――を、第四部で、彼らの国メキシコ観――新自由主義に取り込まれた政治家、権利や自由を失くした憲法、そのなかで抵抗する人々、等――を語る。

そして、ここに翻訳・公開する第五部では、彼らが何を望むのかが語られる。彼らが求める方向は、ある種の表出する南の革命のひとつと言えるのではないだろうか?

この第五部に続く第六部「どのように任務を実行するか」は、メキシコ先住民運動連帯関西グループのサイトで閲覧可能。


本文を読む
posted by Agrotous at 20:43 | TrackBack(0) | メキシコ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。