2005年08月25日
世界規模の階級闘争
ビンセント・ナバロ〔Vincent Navarro 〕;2006年9月27日

新自由主義のイデオロギーは、第二次世界大戦の終わりから1970年代の間に、労働・農民階級によって達成されたかなりの進歩に対する支配階級の反応であった。その後に生じた不平等の途方もない拡大は、支配階級の所得の増加に直に帰着するのであり、それは階級的に決定された公共政策の結果である。

超国籍資本主義
ウィリアム・ロビンソン〔William Robinson〕;2007年4月13日

この新たな時代の主な特徴は、真に超国籍資本及び、新たな世界的に統合された生産・金融体制の台頭です。生産は無数の絶えず変化する局面へと分裂してきており、それらは地球全域で分権化され分散されました。その結果、いくつかのはっきりとした区分は機能の上で生産と流通の莫大な世界的連鎖網に統合されています。各々の自律的な国家経済は構造改革され、対外的に統合されてきており、それゆえに各「国家」経済はより大規模な世界的生産体制の構成要素の一部に成りました。

ミステリー:いかにして富が世界に貧困をもたらすのか
マイケル・パレンティ〔Michael Parenti〕2007年4月26日

説明を要する「ミステリー」がある。すなわち、なぜ過去半世紀に亘り世界全域で、貧困諸国に対する企業投資や対外援助や国際融資が劇的に拡大したのと同時に、貧困も拡大したのか? 貧しい生活を送る人々の数は世界人口よりも早い割合で増大している。これをどう解釈すればいいのであろう?



posted by Agrotous at 00:44 | TrackBack(0) | 目次
この記事へのTrackBack URL

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。