2007年03月30日

チャベスとベネズエラ:施しではなく、義務をハイチへ
〔Chávez and Venezuela: Duty, not Charity, to Haiti:Original Article in English/Venezuelanalysis 原文

ワドナー・ピエール〔Wadner Pierre〕HaitiAnalysis.com;2007年3月20日

2007年3月12日、午前7:30分頃から、〔ハイチの〕首都の街頭の至るところで「チャベス」と叫ぶ声が聞かれた。ポルトープランスの空港の表に支持者達の大群が続々と到着した。「チャベス、チャベス、私達が捜し求めているのは貴方だ……アリスティド〔ハイチ前大統領〕を帰国させるためにプレヴァル大統領は貴方の助けを必要としている」と人々は、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領を歓迎しながら嬉しそうに歌った。

午前10時までには、支持者達は看板や吹流しを掲げ終え、チャベスを賞賛し、ブッシュを非難した。「チャベス万歳、ブッシュ打倒」、「アリスティド大統領は彼の国に帰らなければならない」。「チャベスよ、私達はあなたを愛している」。シテ・ソレイユ〔ポルトープランスのスラム地区〕の支持者達は彼らの地域共同体における「青いヘルメット〔国連平和維持軍〕」による暴力を非難した。数万人もの人々が集まっていた。

ファンミ・ラバラス〔ラヴァラの家族 〕党 のスポークスマンDeshomme Présentgloire氏はこう述べた。「ファンミ・ラバラスと他の団体のメンバーとして、私達は『ようこそ!』と伝えることで、チャベス大統領を歓迎しにやって来ました。なぜなら、彼は良心の人であり、彼はハイチの人々を愛しているから。私達はまた彼に、アリスティド大統領を帰国させる手続きにおいて、南アフリカの大統領を手助けするよう頼みます。私達は今日プレヴァル大統領に彼の帰国の期日を決定するよう頼みます。それが今朝私達をここに呼び寄せた理由です。」

別のチャベス支持者はこう述べた。「ウゴ・チャベス大統領の到着を待つ間人々は歌う。アリスティドのためなら、私達は墓場へ行く覚悟ができている。私達は一体にならなければならない。それはティディ〔Tidid:アリスティドのあだ名〕からの命令であり、私達を鼓舞するのは彼である。2006年2月7日に私達は、政治犯のいない、シテ・ソレイユでのMINUSTAH〔国連ハイチ安定化ミッション〕による[殺戮]がないハイチのために投票した……私達はアリスティド大統領の帰国のために投票した。」

国連の車両が通るたびに、反MINUSTAH の叫び声が噴出した。ここ数ヶ月の間にMINUSTAH とギャングの間の戦闘に巻き込まれた多くの無実の犠牲者らに関して激しい憤りを抱いている人々は、国連ミッションが圧倒的な武力を利用していることを非難する。ブラジルに率いられた国連軍の22口径ライフルの弾丸はしばしば、粗末に建てられた住居を貫通し住人を殺害する。

選挙で選らばれたハイチの大統領ジャン=ベルトラン・アリスティドを引きおろした2004年2月のクーデターの後、フランス、カナダ及び米国によて後援された暫定政府が権力を握り、数千人が殺害された――多くの場合標的になったのはアリスティドのファンミ・ラバラス運動の貧しい支持者や同調者であった。プレヴァルの当選以来、状況はある程度改善されたのだが、約100人の政治犯が拘置所に入れられたままであり、政府の官職は暫定政府によって任命された自らの立場を固めるエリートによって占められている。政府が依然として大いに頼っているのは、国際金融機関からの援助であり、彼らは国家に対する莫大な影響力を握っている。

午後4時30分に、チャベス大統領を運んだ行進は空港を去り、国家宮殿で待つ群衆の前に到着した。チャベス大統領は車の外に身を乗り出し、車は歓呼する群集に挨拶するべく彼を運んだ。走りながら一人の少女はこう述べた、「アリスティドが以前していたように、私達に挨拶するため彼は車の外に身を乗り出しいる。」別の若い男性はチャベスを見ながら断言した、「チャベス万歳、彼は自由のために働いているのだから。」街頭を埋めたチャベス大統領の支持者らの間で意見が一致しているように思われるのは、ジャン=ベルトラン・アリスティド元大統領に対する支持や、南部の地域圏へのハイチの統合の支持に関してである。

その日遅くの7時ごろ、2007年に当選したハイチのルネ・プレヴァル大統領は演説するべくチャベスと観衆の前に立った。集まったキューバとベネズエラの来賓らにハイチの人々に代わり謝意を表した後、彼はこう述べた、「私達は南々協力が非常に重要であると考えており、それがこの三カ国が協力の計画を進展させた理由である。ハイチの人々の熱狂は空港からの私達の到着を遅らせた。従って、ハイチの人々を代表して、私達の来賓に謝罪する。とはいえあなた方がハイチの人々の喜びを理解していると私は信じている。カストロ議長の勧告に従い、直前の招待を承諾したラソ副議長に感謝する。カストロ議長は会議の進行状況を知るために既に4度電話を掛けてきており、彼の関心は協力の成功にとって良い前兆である。ハイチの人々を代表して、私はキューバとベネズエラに感謝する。」

次にチャベスが語り、彼の周りで記者達のカメラのフラッシュがたかれた。「私と私の仲間、そして私の派遣団のメンバーがここにいる本当の理由は、遥か昔にこの土地で起きた出来事に端を発している――実のところ、今日の日付3月12日に。私達が知っていることは、1806年3月12日、正に2世紀と1年前にジャクメルにおいて非常に偉大なベネズエラ人が独立を求め叫んだ、ということである。そしてここで、革命的な船員を乗せた革命的なボートで、ベネズエラの旗が初めて掲げられた。ご存知の通り、フランシスコ・デ・ミランダがその偉大なベネズエラ人であり、私達の訪問の理由は遥か昔に彼が行った事に関連している。」

彼は言い添えた、「私達は私達が置かれている状況を非常に自覚している。私達はハイチの人々がどの様な人々なのかということをとても意識している――中南米やカリブの他の諸国よりも遥か以前に、帝国を打ち破り彼らの国を解放することができた人々――勇敢な人々であり、また同時に過去2世紀に亘って略奪されてきた人々である。あなた方が当然知っているように、マルティが〔1892年に〕そうしたように1816年にボリバルがここを通過した。ベネズエラにおいてスペインとの戦いで全てが失われたと思われたときに。ボリバルはここに来て、人々とペティオン大統領の支援を受け、武器と兵士を供給され、それが1817年に最終的にベネズエラを解放するべくそこへ向かった勢力を築き上げたのである。その全てが私が今日ここにいる理由に関係している。その背景には多くの歴史が存在する。今日私はハイチに歴史的な借りの一部を清算しているだと感じている。そして、政権に就いて8年以上経ったのち、私がハイチを訪問するのはこれが始めてである。私はここにもっと早く来るべきであった。」

「とはいえ、ここで、そして私の国で、帝国の攻撃の結果、不安定な時期があった。私達は遠い距離からであったとしても、助けるべく試みてきた。声を上げるべきときには声を上げ、CARICOM〔カリブ共同体〕と中南米諸国の他の国家元首らと共に働くことによって。そして神とハイチの人々のおかげで、私達の友であるルネ・プレヴァルが当選した。新しい時代が幕を開けた。私達は具体的な事業や計画に取り組み始めた。これらの計画のいくつかは既に現在進行中である……今日ラソ副議長、また電話を通して参加したフィデルと私達が開いた会議のため私はここに来る必要があった。その様にして、私達は三カ国協力の莫大な場を強固にしたのであり、ALBAとして知られる米州ボリバル代替統合構想――我らが人々の統一、私達の諸共和国の統合――に向けた極めて重要な一歩を進めたのである。それはミランダの、ボリバルの、マルティの、ペティオンの、ルヴェルチュール〔ハイチ革命指導者のひとり〕の古くからの事業なのである――偉大なる国家を、自由な国家を夢見た全ての者達の。」

彼の訪問の本当の理由をチャベスはその地域の団結を築くことであると説明した。「昨晩私達はそれを〔ニカラグア首都〕マナグアで述べた。中南米とカリブ海に新たなうねりが湧き上がった。それを見たいと望む者は、今日輝かしい群集で溢れたポルトープランスの街頭を見れば事足りる。あるいは人々で満ち溢れた昨晩のレオン市、ニカラグアの歴史的な都市を、あるいはその前日に海抜3千メートルに位置するボリビアを、あるいはその前の〔アルゼンチン首都〕ブエノスアイレスを。この新たなうねりが私達の訪問の真の理由である。この数時間の間に多くの事が起きたゆえに、プレヴァル大統領に今日私達を暖かく受け入れてくれたこと、彼の友情と愛に感謝する。だが、特に私達を受け入れてくれた人々に感謝する。実のところ、今日彼らの情熱を私達に注いでくれた人々に感謝してもしきれないことを述べさせていただきたい。彼らは素晴らしい人々だ、ルネよ、特に今日私が目にした素晴らしい若者達は。それは満ち溢れた情熱であり、莫大な、計り知れない愛である。それは希望である。今日人が触れることのできる信念である。そしてこの機会をとらえて、マルティの言葉を繰り返したい:『愛は愛で応えられなければならない。』そしてこの愛によって今日人はここにいる、と言うことさえできる。私達を今日ここへもたらしたのは愛である――古くからの歴史的な愛である。」

チャベスは支援を誓ったのだが、国際金融機関や北の諸国から来る借款に適用されるような付帯条件なしにである。ある記者がチャベスに、彼の訪問がブッシュ米国大統領との地域的な張り合いの一貫であるか否かを訊ねた。ベネズエラ大統領はこう返答した。「アメリカ合衆国大統領に関するあなたの意見についてであるが、それは個人的な事柄ではない。それはブッシュに関して、あるいはブッシュ対チャベスに関することではない。もしそれが個人的なことであったならば、ブッシュは終わっている。この米国大統領は、これまで存在してきた中で最も残酷な、最も冷笑的で、犯罪的、殺人的な帝国の代表である。彼は植民地主義的支配の事業を代表している。それに反して、これを私は謙虚に、だが尊厳をもって述べるのだが、私達が代表しているのは私達の諸国家を解放するボリバル主義の事業である。」観衆は高らかに拍手喝さいした。


訳者補足:
以下はチャベス大統領のハイチ訪問の模様(スペイン語)


http://youtube.com/watch?v=V55P0q3-Vno


http://youtube.com/watch?v=jihXCc5rV6Q


posted by Agrotous at 23:21 | TrackBack(0) | ベネズエラ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/37304545
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。