2007年02月24日

エクアドル大統領、ボリバル主義を受け入れる
〔Ecuador's President Embraces Bolivarianism:Original Article in English/ZNet原文

スティーブン・レンドマン〔Stephen Lendman〕;2007年2月21日

昨年11月ウゴ・チャベス・フリアスがあるエクアドル人を味方に引き入れたのは、〔エクアドルの〕有権者らが米国に選ばれた、国で最も裕福な人物を退け、驚愕すべき票差でラファエル・コレアを大統領に選出した時である。コレアは大衆路線の経済学者であり、自称「人道主義の左派キリスト教徒」である。長年エクアドルの普通の人々の利益に反して、エリートによりエリートのために支配されてきた中南米のもうひとつの国に大きな変革を〔彼は〕誓っている。彼ら〔大衆〕の声はついに発せられ、勝利した。

コレアは1月15日に公職に就いた。その国は1千3百万の人口を抱え、その70%以上が窮乏生活を送っている。彼らが選出したのは、社会民主的な変革を誓う人物であり、ウゴ・チャベスの下ベネズエラ人が得ているのと同様の利益を受ける機会を彼らも得た。コレアは過去10年間で8番目の大統領である。そこには失政や公務怠慢に対する大衆による街頭抗議によって公職から追われた先立つ3人の大統領も含まれる。

コレアは、国の石油歳入をエクアドル人がこれまで一度も得たことのない決定的に必要な社会福祉に利用することを含めた変革を公約に選挙戦に挑んだ。彼は「市民の革命」を、又「変革の媒介者」になることを約束した。手始めに、新しい憲法を制憲議会で草案する。1998年にベネズエラ大統領に初当選した後1999年にウゴ・チャベスが選択したのに等しい様式に従って、国民投票によって〔制憲議会が〕正式に許可されることを彼〔コレア〕は望んでいる。

エクアドルの多数派右派のキリスト教民主連合(UDC)党は、彼を阻止しようと試みたが、圧倒的な大衆支持が最終的に十分な支持を取り付けた。2月13日に国の小選挙区制議会において票決が行われ、54対1、棄権2で〔国民投票を〕可決した。反対派代議員の多くが、敗北が明白となった票決前に退場した。

票決後、最高憲法裁判所(TSE)は国民投票を4月15日に決定した。〔国民投票〕の目的に対する大衆支持が約77%であることから、それはほぼ確実に承認されるであろう。予測されるとおり承認された場合、有権者らは6月か7月に、130人の代表を制憲議会に選出し、議会は8月あるいは9月に開始されることとなっている。その後6から8ヶ月かけて新しい憲法を草案し、それは承認のため有権者に委ねられる。そして改正が成された場合、議会あるいは大統領職は立法府と国家の最高職のための新しい選挙を要することとなる。

計画通り物事が運んだ場合、エクアドルはベネズエラが8年前に行ったのと同様の仕方で統治の方法を変更する間際にある。それをラファエル・コレアは約束したのであり、現在ベネズエラ人が採用している21世紀の社会主義と同じ類のものを国民に与えるため彼は前進している。エクアドル人もそれを望んでおり、チャベスが圧倒的な承認を伴いベネズエラ人に成しているのと同様に彼らのために働く指導者の下、これまでになく最良の機会を彼らも得ている。

コレアは成功を確信しており、2月17日に自らの週間ラジオ番組において、制憲議会で彼の支持者らが過半数の議席を獲得しなかった場合、彼が辞職することを国民に伝えた。彼は「席を温め、大統領職に就いていた反逆者や詐欺師と同類になる」よりも、むしろ去ることを選ぶ、と述べた。長期にわたり拒絶されてきたエクアドル人が圧倒的に新大統領を支持している故に、それはありそうにない。そして彼が彼らのために達成しようとしている変革の過程は、ウゴ・チャベスがベネズエラで行ったのと同様の仕方でうまくいくであろう。

これは中南米において左派に向けたまた別の一歩ではあるのだが、情勢を綿密に観察し、抵抗無しに自らの支配を失わせるつもりはないであろうワシントンの不穏な影の下にある大陸全域としては小さな一歩である。努力する如何なる指導者もその脅威を承知しているのだが、その危険を冒すことをいとわないもの達が観察に値する。その地域とそこを越えた地域のその他の者たちが彼らに加わるのが望ましい。そして彼らにはウゴ・チャベスに勇敢な模範を見出すことができる。彼は不利な条件に挑み、功を奏した8年の後も大胆に前進し続けている。もしチャベスが出来るのであれば、その他の者も挑戦すれば出来るのではないのであろうか。挑戦するものがいればいる程、真の社会変革のための経過が強固になる。うまく行けばそれは阻止することができなくなるであろう。何と輝かしく現実性のない夢であろうか。だがそれらの類も実現するのである。

コレアは米国の覇権に更なる挑戦を意図している。マンタに位置する主要な米国基地を、それを公認する10年の協定が2009年に失効するとき、閉鎖するという別の選挙公約を遂行することによって。そうすることは、それが南米の太平洋沿岸における最大の基地であり、建築に莫大な費用が掛かるものであるゆえに、ペンタゴンの高級将校連を満足させはしない。彼らがコレアに再考するよう試み、そうするための圧力が控えめにはならないであろうことは確実である。とはいえ現時点で、マリア・フェルナンダ・エスピノサ外務大臣は彼女の国の立場をこう明言した。「エクアドルは主権国家であり、私達は私達の国に外国軍を必要としていない(のであり彼らはおそらく去らなければならない)。」

コレアは更に、160億ドルの外債を再交渉するという彼の選挙運動の遂行を目指し、米国が牛耳る国際融資機関との新しい関係を計画しており、必須の社会計画のために歳入を自由に使用するべく、アルゼンチン流の不履行も除外していない。〔社会計画〕に含まれるのは、10万戸の低価格住居、最低賃金の底上げや、120万人の貧しいエクアドル人が毎月受け取る小額の「貧困特別手当」の倍増である。差し当たりコレアは、外国債所有者に対する1億3千5百万ドルの負債の返済を予定しており、その一方で彼は全負債を再交渉し、先の諸政府による、人々を犠牲にした不正取引に起因する負債の不愉快な部分を無効にするという、より大規模な目標を追求している。

コレアは更に、ベネズエラの米州ボリバル代替統合構想、略してALBAのモデルをある程度基にして、二国間貿易と他の経済取引をウゴ・チャベス及びボリビアのエボ・モラレスと交渉している。それ〔ALBA〕は、合意した開発途上の諸国家から富を吸収するFTAA〔米州自由貿易地域〕やNAFTA〔北米自由貿易協定〕といった一方的な協定とは全く正反対のものである。それはむしろ相補性、連帯や協同という筋の通った原則を基にしており、「社会国家」の開発を目指して、それらに合意し、進んで互いに努力する中南米諸国の間の包括的な統合の達成を目指す。それは全てが大企業や特権階級のためにある米国型の取引とは対照をなしている。

これらはウゴ・チャベスが示した模範の跡に続くべく前進する前途有望で勇敢な新しい指導者の初期の大胆な諸段階である。彼は約束と危険があるのは間違いがない道を歩き始めた。だが彼が目標を貫き成功したならば、〔その道には〕国民への莫大な潜在的報酬があるであろう。努力する意志があることを彼は示している。

スティーブン・レンドマンはシカゴに在住し、lendmanstephen@sbcglobal.net から連絡可。

また彼のブログのアドレスは sjlendman.blogspot.com 。毎週土曜、米国中部標準時の正午にThe Micro Effect.com〔www.themicroeffect.com〕で番組「the Steve Lendman News and Information Hour 」を聴くことが出来る。


日本語関連記事:

コレア氏 大統領就任

コレアの勝利は寡頭支配と新自由主義に対する人民の勝利

エクアドル:マンタ基地、「コロンビア計画」に役割果たす?

スティーブン・レンドマン翻訳記事:

ウゴ・チャベスへの脅迫(PDFファイル)

ボリーバル運動: チャベスの挑戦

posted by Agrotous at 22:24 | TrackBack(0) | エクアドル
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/34589179
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。