2007年01月26日

ネグロポンテ、ALBA、オルテガ就任式
〔Negroponte, Alba, Ortega inauguration :Original Article in English/ZNet原文

トニ・ソロ〔toni solo 〕;2007年1月16日

ジョン・ネグロポンテとトゥパク・カタリ(

サダム・フセイン大統領の私刑に随伴して、ブッシュ政権は死の部隊の管理者、無比のジョン・ネグロポンテが国務副長官の座に引き継ぐことを発表した。不運なコンドリーザ・ライスの下〔でのこの職務は〕、ロバート・ゼーリックが2006年に去り空席であった。ゼーリックのタイミングには感心せずにはいられない。彼は、ブッシュ政権が米国の人々のため、本国での経済的苦境とイラクにおける決定的な軍事的大惨事という驚くべき演出を完成する前に船を去った。2004年に、非凡なギャング一味の外交官であるネグロポンテはイラクに、彼が1980年代初期にホンジュラスで熟達させた大量失踪、拷問と組織的テロの助長という専門的技術をもたらした。バグダッドの米国占領の大使として、彼はいわゆる「サルバドル方式訳注1」の履行の監督に手を貸し、その死の部隊の成果は、現在イラクの絶望に陥った人々に、日々提供される前代未聞の恐怖をもたらしている。

サダム・フセインの司法殺人とネグロポンテの任命は、現代帝国主義の根本的な双子の基盤を更に再び強調した――サディズムと偽善である。もし数十万人の児童の制裁による死及び、2003年の違法の侵略とそれに続く占領に起因する数十万人の死を考慮すると、イラク国内のみで100万を優に越える死の原因を、米国、欧州及び太平洋の同盟諸国の政治エリートに今確信して帰することができる。それは一点の疑いもなく、米国、英国とオーストラリアの政治エリートの上層部を、戦争犯罪の如何なる成績表をもってしても、少なくともサダム・フセインと同等に置く。

米国とその同盟諸国は、彼の戦争と彼の国内の弾圧に対する共犯者としての彼ら自身の役割の検討を回避するために、彼の裁判を活発に人為的に操作した。その後彼らは、彼を彼の敵にリンチを加えて殺害するよう引き渡した。際立っていたのは中傷的死亡記事執筆者のなかで、世界の莫大な数の非帝国主義者の大多数にとって、サダム・フセインがどの様に見えたのかを想像する手間をかけた者があまりにも少なかったことである。何百万もの人々がフセインを、不正に対する防御者であったとみなしていた。自らの犯罪を国家のためであったと正当化した過去百年程のおびただしいその他よりも有罪でもなければ無罪でもない政治家であった、と。殉教者としてのサダム・フセインの美化とその前後関係は、残りの世界の目には米国あるいは欧州が道徳的優勢であると映っていた、という如何なる実体のない主張にも終止符を打つ。ネグロポンテの任命も同程度に、その現実を象徴している。

非同盟主義の再構築

ブッシュ政権が2007年の初めに、南西アジアにおける大惨事を処理する無駄な努力として増派するなか、人類の新たな希望の時代はニカラグアの首都マナグアにおいて始まった。1月11日、ニカラグア、ボリビアとベネズエラの大統領、及びフィデル・カストロの代理マチャド・ベントゥラ副議長は、貿易・協同の包括的率先であるALBA(Alternativa Bolivariana de las Americas 〔米州ボリバル代替構想〕)の加盟国としてニカラグアを正式に受け入れた。その前日の1月10日に、昨年12月の最新の全面的な選挙勝利の結果、ウゴ・チャベスは再びベネズエラの大統領として宣誓した。同日、ダニエル・オルテガもまた大統領就任の宣誓をし、16年前米国政府のテロによって葬られたサンディニスタの革命的人道主義の夢の復活を告げた。

オルテガの宣誓就任は、ウゴ・チャベスにカラカスから到着する時間を与えるため1時間以上繰り延べられた。式典が進行する中、チャベスはボリビア大統領エボ・モラレス及びエクアドルの大統領当選者ラファエル・コレアと共に入場した。(コレアは1月15日に就任〔した〕)。大統領の一群は演壇を陣取った。そこに含まれたのは全ての他の中米4カ国の大統領、コロンビアのアルバロ・ウリベ、ハイチのレネ・プレヴァル、パナマのマルティン・トリホス、ドミニカ共和国のレオネル・フェルナンデス、台湾の陳水扁〔Chen Shui-bian〕及びメキシコのフェリペ・カルデロンである。総勢で65ヶ国以上の代表者らが式典に参加し、その座席の配置は根本的な関係を外交的に反映した。新政府の役人から憲法に対する忠誠の誓いをオルテガが受けた場所に最も近いところには、チャベス、モラレスとコレアがいた。コレアの臨席にコロンビアの麻薬テロの親分中の親分アルバロ・ウリベが腰掛た。エクアドル国境におけるコロンビアのグリホサート訳注2化学戦にもかかわらず、どうやら言葉を交わす程度の仲のようである。それより遥かに離れて、もう一人のファシストが腰掛けた。メキシコのフェリペ・カルデロンである。ことによると彼は、メキシコ反対派の無礼な彼のあだ名――Fecal訳注3――に、あるいは彼の政権を特徴付ける死、拷問、強姦や選挙不正に思いを巡らせていたのかもしれな。

何はともあれ、代表団の数と水準は、中央アメリカやカリブ海、及び全体としての中南米にとってのサンディニスタ民族解放戦線〔FSLN〕復権の重要性を示した。外交及び貿易関係の長年の組織網は今再定義を要している。台湾の参列や、それに続いた二ヶ国間の覚書〔MOU〕の調印は、中華人民共和国に、中米との将来の関係構築に関しどの様な提案があるのか、という問題を言外に提起した。韓国とベトナムからの代表団の参列が示したのは、南東アジア諸国が中南米との関係を重要視していること、及び中米の地峡におけるニカラグアの地理的位置の古くからの戦略的重要性と、ベネズエラ、キューバとカリブ海への貿易・外交の橋渡しとしての新たな重要性である。帝国支配の特権を維持しようとする米国、欧州および太平洋の同盟諸国による無慈悲な努力の時代に、ニカラグアは又再び国際的に中心的な役割を担う運命にあるようである。

ダニエル・オルテガの就任式は、非同盟諸国オマル・トリホス広場で執り行われた。それは、それ自身実に象徴的なのだが、ニカラグアが米国帝国主義への服従から、世界的に活動的で独立した主権的外交関係へと脱出したことの合図となった。それはアジアからのみならず、イラン、アルジェリア、リビアやサハラ・アラブ民主共和国の代表団の参列によって告知された。この訪問した政治家と代表団の対照を成す世界的・地域的な範囲は、これからニカラグアが交渉に臨まなければならない矛盾し、時に露骨に相反する二国間諸関係を指し示す。それにもかかわらず、ベネズエラ、キューバとボリビアとの同盟に置かれた圧倒的な強調は明らかであった。マイケル・リービットとトーマス・シャノンに率いられた米国代表団は、疑問の余地がない彼らの憤りを制御した。新FSLN政府との将来の貿易と協力に関する協議のためのイラン大統領アフマディネジャドの1月13日のニカラグア訪問は、ニカラグアにおけるブッシュ政権の完敗に、更なる苦悩を増すだけである。

ALBA――ボリバル、マルティ、サンディーノの正しさの証明

1月10・11日を通してマナグアにおいて舞台裏で行われた数限りない貿易・外交協議のなかで、中心的なものはALBAへのニカラグア加盟の調印であった。この協定に含まれるのは、どこから始めればいいのか分からない程に広範囲に及ぶ協力計画なのだが、主要な計画はニカラグアのエネルギー危機を解決することを目指している。既に首都マナグアの電気需要である60メガワットを供給する臨時の処置として、いくつかの発電所は即座に設備された。ニカラグアのエネルギー需要のための更なる短期的支援は、発電能力のための中期・長期計画が達成されるまでの間、特恵価格のディーゼル燃料の形をとる。協定はニカラグアの長年の発生・停止を繰り返すエネルギー障害を終わらせるため、特恵条件で年間総売上1千万バレルの燃料を計画している。

他の計画に含まれるのは、新しい精製所の建設、ベネズエラからコロンビアを通りパナマへと続く建設中のパイプラインへと連結する計画中のガス・パイプライン、そして中米市場で販売するアルミニウム製品を生産するアルミニウム精錬所である。ALBA協定のための調印式と共に、ベネズエラの75人の政府代表団はニカラグアの相手方と一連の二国間合意を交渉していた。エボ・モラレスとマチャド・ベントゥラは、ALBAの枠内でニカラグアとボリビア及びニカラグアとキューバの間での類似した二国間合意が続くと示唆した。ニカラグアをALBAへ加入させる調印式でウゴ・チャベスは、ニカラグア・ベネズエラ間協力の幅の広い構成要素を中南米における明確な反帝国主義の戦略の一部として説明した。

彼は宣言した。「トゥパク・カタリが述べたことを我々は昨夜想起した...『今日私は死ぬが、ある日私は数百万となって再来する』。サンディーノは再来する。彼はここにいる。自由人の将軍は。ボリバルは再来する。マルティは再来する。トゥパク・カタリは再来する。同様にモラサン、スクレ、ミランダ、バルトリーナ・シサもまた訳注4。殉教者たちは再来する。彼らは我々となって再来する。 そして今新たな歴史的敗北という贅沢をする余裕などほとんどないであろう。否! この世紀は我らがアメリカの人々の世紀にならなければならない。我々が帝国主義の隷属から完全に袂を分かつ世紀に。それは我々の世紀になるべきである。国外追放の身で死んだボリバル、捨て去られ、裏切られ、悲観に暮れ、血の涙を流したボリバルは、彼の解放の計画と、我らのラテン・カリブ海におけるある種の共和国連邦という形での統合が現実のものとなるのを見ることはないと悟った時、こう述べた。彼は言った...『我らのアメリカの偉大なる時代は未だ到来していない。』それ以来200年が経過した。この世紀が我らのアメリカの時代になるよう確実なものにしようではないか! ついに今この21世紀が我らのアメリカの時代に!......だから選択をしようではないか。帝国主義が死ぬか、我々が死ぬか、選択を全ての者にさせよ。」(

1月15日の大統領宣誓就任式に続きラファエル・コレアがエクアドルをALBAに導くであろうことから、マナグアでの情勢はメルコスール貿易圏〔南米南部共同市場〕の政策における著しい変貌を助長する申し合わせた試みの下準備としてみられるべきであろう。アルゼンチン、ブラジル、パラグアイ、ウルグアイとベネズエラで構成されるメルコスールは、今月〔1月18・19日〕に首脳会談をボリビアやチリといった準加盟国と共に開催する。メルコスール事務長は地域貿易圏へのボリビアの加入を期待していることを既に明確にした。創設以来メルコスルは、20年以上に亘り米国やその同盟諸国や彼らの代理である世界銀行とIMF〔国際通貨基金〕によって強いられてきた企業新自由主義経済機構に真に挑戦するために必要な類の活力を創出することに失敗してきた。

ダニエル・オルテガ就任式における、南米の最強国であるブラジルからの最高レベルの代表の欠如は、徹底的な社会福祉本位の政策に対するブラジル政府の専心に関する更なる問題を提起する。大部分が外資所有のペトロブラス社によって経営されるガス資源をボリビアが回復したことに関する、ブラジルとボリビアの間の痛烈なやり取りと緊張関係が過去のものとなったようである一方で、ブラジル政府とその大統領イナシオ・ダ・シルヴァ――ルーラ――が彼らの意向を通すべく、ボリビア政府に大量に圧力をかけたことは明らかなようである。その徴候は昨年のボリビアの傑出した炭化水素大臣アンドレス・ソリス・ラダ〔Andres Solis Rada〕の辞任である。〔彼は〕ボリビアのガス資源の完全国営化の熱心な擁護者であった。メルコスール内の未解決の複数の他の緊張関係を伴い、マナグアへの人目を引く訪問でチャベスとモラレスが行っていることは、今月の首脳会談を前にメルコスールが採用することを彼らが望む類の政策をこれまで以上に明白にしていることだと思われる。

全ての行動に、反動がある

中南米に対処するうえでコンドリーザ・ライスが自らを何の疑問の余地もなく無能で平凡であることを晒した故に、ジョン・ネグロポンテの任命がもたらし得る影響は、その地域における米国政策の強硬路線を強化する試みである。コリン・パウエルの――ハイチとベネズエラにおけるクーデターにみられるような――秘密工作に後援された外交も、ロバート・ゼーリックの貿易上の強制を基にした外交政策も、中南米における米国支配を維持できなかった。当時ジョン・ネグロポンテが国務省を指揮していたならば、2002年のクーデターの最中ウゴ・チャベスが誘拐された時、彼が殺害されていたであろうことは、可能性が高い仮説である。彼が新しい公職に就くとき、ネグロポンテの主要な仕事が、たとえイラクになるであろうとはいえ、彼は既に今年の上院情報委員会で中南米における民主主義にとっての危険はベネズエラとボリビアである、と彼が考えていることを明らかにしている。彼はウゴ・チャベスを「世界で最も耳障りな反米国指導者のひとり」と評した。その作り話を、米国の低収入家庭に対するベネズエラ政府の燃料油による前例のない支援と如何にして一致させるのかを彼は説明しなかった。

ニカラグアのALBAへの加盟に対する米国議員らの反応はこれまでのところ穏やかである。マイケル・リービットはヌエボ・ディアリオ紙に「ニカラグアの人々の状況を改善させるべく共に働く手段があると楽観している」と語った。だが彼が明らかに言及していないのは、1980年代のニカラグアに対するテロ戦争の保証として1986年に国際司法裁判所によって米国政府に課せられた170億米ドルの賠償金の完済である。米国代表団の控えめな語調にもかかわらず、ダニエル・オルテガはウゴ・チャベスが米国代表団の外交的親しさを観察した時、ベネズエラ大統領に進んで耳を傾けていたようだ。「昨日私は米国の代表団を観察していた、敬意を表し、祝いの言葉を述べ...背後には、疑いなく、短剣がある。短剣に気をつけろ、ダニエル!」(2)

現在中南米は、米国とその欧州と太平洋の同盟諸国の帝国支配にとっての多方面にわたる難題を生じさせている。根本的な難題はまさに、決然とした指導者らの地域的連動である。〔彼らが決心しているのは〕秘密工作と公然たる軍事介入によって後援された貿易と援助の強制という伝統的な様式から抜け出すことである。それがジョン・ネグロポンテがベネズエラとボリビアを脅威であると識別する理由である。実際に、ブッシュ政権による苦難、死や破壊の持続及び、多数の見せ掛けの下アメリカの人々に科せられた500年の植民地主義にとって、彼らは実に深刻な脅威なのである。米国とその同盟諸国がハイチ、イラク、アフガニスタン、そして現在ソマリアで一般市民を虐殺する一方で、キューバとベネズエラは中南米とカリブ海全域の医療を必要とする数十万の患者を完全に無料で治療している。世界中から数万の学生がキューバの大学で無料で学んでいる。

キューバ、ベネズエラ、ボリビア、ニカラグア、そして間もなくエクアドルで構成された地域圏に対する標準的な米国帝国主義者の反応は、帝国主義者の手段一式からの常套手段が含まれるであろう。ボリビア、エクアドルやニカラグアの様な脆い諸国には交易と援助による恐喝があるであろう訳注5。IMF、世界銀行と米州開発銀行が、不愉快な諸経済活動を急き立てて調和させるべく結集されるであろう。昨年のベネズエラ沖合いにおける大々的な海軍演習のような軍事的脅迫が繰り返されるであろう訳注6。国内反対派団体、従来型の政治家およびNGO〔非政府組織〕への米国政府の資金供給が、ウクライナやその他で余りにも上手くいった不安定化させる選挙の策略を繰り返そうと試み、広範囲に展開されるであろう。メルコスールやアンデス共同体〔CAN〕に既に存在する地域的な分裂および、ボリビアの東部の複数の県やベネズエラのスリア州における寡頭政治家主導の自治への動きのような国内衝突の両方を深めることによって、有害な抗争が助長されるであろう。これら全てが帝国の企業メディアを通して、「成功した自由市場」と「失敗した社会主義」の間、あるいは「民主主義」と「独裁」の間の取っ組み合いとして曲解されるであろう。

だがブッシュ政権とその同盟諸国は、彼らの帝国主義の計画にとって致命的となる根本的な経済的現実に直面している。ベネズエラとキューバは連帯、相補性と協同を基に、中南米とカリブ海全域の数百万人の人々に確固とした社会・経済的な利益を提供している。対照的に米国政府とその同盟諸国は強情に不公平で不均衡の貿易取引、法外な条件付の負債や援助とともに、人権や汚職に関する信用を失った道徳的な物語を提供している。ベネズエラとキューバは本物の協同を提供する。米国とその同盟諸国は強制を提供する。ジョン・ネグロポンテは失敗する。彼の前にパウエル、アーミテージ、ライスやゼーリックが失敗したように。米国政府の影響力が減少するなか、近い将来、外交官らは「我らが望むようにしろ、さもないと...」と風に向かって叫んでいるであろう。何百万のトゥパク・カタリには他にすることがある。彼らが積むレンガひとつひとつが、彼らが養い予防接種する子供一人一人、彼らが植える一本一本の木、卒業させる全ての学生が、中南米を築くのである。彼らは、ジョン・ネグロポンテのような帝国主義者の卑劣な執行者達がそれを奪い去ることを決して許すことはないであろう。

物事の核心

企業主流メディアによって広められている、「左翼の潮流〔pink tide〕」という気を逸らさせるナンセンスは見当違いである。基礎を成す現実は、ベネズエラとキューバによって促進されている貿易と協同のモデルが、人々の基本的な要求を満たすのみならず、中南米全域の諸国の商業・貿易上の選択を劇的に改善させてきた、ということである。米国と同盟帝国主義者らのモデルはそれに太刀打ちできないのである。それゆえ帝国の企業機構は、ベネズエラやキューバやその同盟諸国――まずボリビア、近いうちにニカラグアとエクアドル――の信用を落とすべく専念しているのである。それと同時に彼らは、その対抗するモデルの発展を阻むため、抗争を創り出すべく動いている。その一環として、ジョン・ネグロポンテの任命は、この地域における米国活動の更なる無慈悲な段階の先触れである。

中南米全域の軍・保安勢力内の米国政府の友人らは、彼らの国の政治に更に介入するよう助長されるであろう。アルゼンチンにおける、「汚い戦争」時代の人権侵害者らの裁判における証人の最近の複数の誘拐事件は、その徴候である訳注7。メキシコの違法のフェリペ・カルドロン政権が現在ベネズエラとキューバに好意的な発言をしているかもしれないとはいえ、国内的にその政策は北米自由貿易協定の破壊的な影響を深め、合法の反対派を容赦なく鎮圧するよう努力するであろう。更に、コロンビアの現麻薬テロ政府の危機が、その国の内戦の悪化を、あるいは富める者と貧しい者の間の格差の拡大を妨げることはないであろう。米国政府はこれらの政策を後援し、不安定な状態を誘発させるべく他の地域の地元代理者らを利用し続けるであろう。〔その不安定な状態を米国政府〕は自らの目的及び、それが代理している金権政治の企業エリートの利益のため利用することが出来る。

冷戦時代、一連の米国政府とその同盟諸国は反共産主義を中南米の人々に対する犯罪の口実として利用した。その後、冷戦の終焉と企業グローバリゼーションの策謀と共に、彼らは「他に選択の余地はない」と主張した。企業グローバリゼーションの信用が落ちた今、彼らが直面しているのは、企業資本主義が太刀打ちできない代替案を創りあげた機知に富み決然とした対抗者らである。米国と同盟諸国にとって、この先5年の中南米に関する重大な問題は2つある。第一に、米国とその欧州と太平洋の同盟諸国は、ALBAの社会経済モデルがベネズエラ、エクアドル、ニカラグアとボリビアにおいて、チャベス、コレア、オルテガとモラレス、あるいは彼らの政治的後継者らが5・6年後に再選するのをの確実にするのに十分な国内的支持を獲得することを阻止できるか? そして第二に、そうしている間に彼らは他の諸国がそのモデルに参加するのを妨げることができるか?

わずか2・3年前まで中米が米帝国の難攻不落の領地のように見えていたのだが、いまそのエネルギーの脆弱性〔energy vulnerability 〕がそれをこじ開けた。ニカラグアの民間企業代表らですら、新自由主義的企業グローバリゼーション・モデルがエネルギー問題を解決する上で何も提議しない故に、ベネズエラの協力を歓迎する。しかしもしベネズエラが彼らのエネルギー問題を解決するのであれば、随伴する帰結は貧しい大多数の貧困問題も解決するのである。その政治的ジレンマを処理する右翼の政治家はひとりも見あたらない。いかなる米国政府も、そして疑いなく哀れなブッシュ政権の一団も、根本的な経済状態及びその結果としての政治問題の間の矛盾を彼らに有利なように解決する独創力や素質を持ち得ていない――野蛮な暴力に訴えない限りは。国務省へのジョン・ネグロポンテの任命は、その残忍な秘密活動と他の形態の武装介入が真剣に議題に載っていることの合図である。

注記

1.トゥパク・カタリは諸国の先住民族の蜂起を率いた結果、1781年にボリビアで、スペインによって処刑された。

2.FSLN通信機関によって配布された演説の筆記録からの訳。


訳注:

1.「サルバドル方式(Salvador option)」:80年代にエルサルバドルで採用された「死の部隊」が重要な役割を担った作戦に類似したイラクにおける作戦。ニューズウィーク誌が2005年1月8日付記事で報道した。
参照:
サルバドル方式(イラク情勢ニュース)

米国防総省がイラクの暗殺部隊設立を支援( 薔薇、または陽だまりの猫)

米、イラクで“サルバドル戦略”を実施か(日刊ベリタ)

ネグロポンテとブッシュの新イラク・チーム(イラク情勢ニュース)

2.グリホサート(glyphosate):モンサント製除草剤(商品名ラウンドアップ)。
参照:
コロンビア計画ともうひとつの枯葉剤(ラテンアメリカの政治)

エクアドル/コロンビア:コカ除草剤散布を巡る危機深刻化(JanJan)

3.fecal:フェリペ(Felipe)のFeとカルデロン(Calderon)のCalを繋げたあだ名。スペイン語で糞便の意。

4.ここで言及されたのは中南米の英雄達:

アウグスト・セサル・サンディーノ(Augusto César Sandino):ニカラグアの革命家。1927年から1933年にかけての駐留アメリカ軍に対する解放運動の指導者であった。アメリカ政府からは盗賊と見なされ、その功績は彼をラテンアメリカの英雄とした(参照元)。

ホセ・フリアン・マルティ・ペレス(José Julián Martí Pérez):キューバの革命家、文学者。19世紀後半のキューバ独立革命に参加した英雄(参照元)。

フランシスコ・モラサン・ケサダ(Francisco Morazán Quesada):ホンジュラスの英雄、中米連邦大統領(1830年ー1839年)(英文参照元)。

アントニオ・ホセ・デ・スクレ(Antonio José de Sucre):南アメリカの諸国をスペインから 独立に導いた軍人、政治家。初代、ボリビア大統領(参照元)。

フランシスコ・デ・ミランダ(Francisco de Miranda):ベネズエラの革命家。スペインのアメリカ大陸植民地を独立させる彼の計画は失敗したが、シモン・ボリバルの先駆者とみなされている(英文参照元)。

バルトリーナ・シサ(Bartolina Sisa):1750年代に生まれたアイマラ族の女性でトゥパク・カタリの妻。彼女はボリビアでスペインに対する先住民の反乱を率いたが、1782年9月にスペンによって捕らえられ処刑された(英文参照元)。更なる情報は英文の「OUR HOMMAGE TO COMMANDANT BARTOLINA SISA, INCORRUPTIBLE AYMARA LEADER」が詳しい。

5.例えば、ニカラグアでは米国との関係が断たれた場合、米国が投資と年間約4千8百万ドルの援助を引き上げるのではないかという懸念がある(英文参照元)。

6.この軍事演習の詳細は「米国、主要な軍事演習着手へ」参照。

7.軍事政権時代の人権侵害事件に関する裁判の証人であったホルヘ・ロペス氏が2006年9月に失踪した。それに続き12月27日にルイス・アンヘル・ヘレス(Luis Angel Gerez)氏が失踪し、3人の男に拷問を受けた後、12月29日に無事発見された。キルチネル大統領は演説で、誘拐事件の裏にいるであろう準軍組織に恐喝されることはない、と述べた(英文参照元)。関連記事「中南米:右翼の圧制到来

posted by Agrotous at 00:08 | TrackBack(0) | 中南米全般
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/32116660
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。