2008年03月06日

エクアドルの犯行現場証拠、コロンビアの嘘を暴く
〔Ecuador Crime Scene Evidence Nails Colombian Lies:Original Article in English/ZNet原文

デシオ・マチャド〔Decio Machado〕;2008年3月4日

エクアドル当局による調査は、コロンビア軍が20人から22人のゲリラ兵をエクアドル領内で殺害した3月1日の明け方に起きた事実を明らかにした。FARC(コロンビアのゲリラ組織、コロンビア革命軍のスペイン語の頭文字)司令部のナンバー2、ラウル・レジェスは伏兵攻撃によって殺害された。

画像、近隣住民や生存して発見された3人のゲリラ兵の証言、弾道学の報告、そしてエクアドル軍の諜報は、アルバロ・ウリベ・コロンビア大統領の嘘の数々を証明した。コロンビアの見解によれば、エクアドル国境に近いがなおコロンビア領土に位置するグラナダと呼ばれる小さな村落にレジェスが現れるであろうという情報を基に、FARC第48戦線は追跡されていたという。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 20:48 | TrackBack(1) | 中南米全般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。