2008年03月04日

コロンビア、FARCのラウル・レジェスを暗殺
〔Colombia Assassinates Raul Reyes of FARC:Original Article in English/ZNet原文

ジャスティン・ポドゥール〔Justin Podur〕;2008年3月2日

FARC(コロンビアのゲリラ組織〔コロンビア革命軍〕)のナンバー2であり、その組織の中でおそらく最も顕著な代弁者、ルイス・エドガル・デビア・シルバ〔Luis Édgar Devia Silva〕、又は「ラウル・レジェス」(通称)が昨日コロンビア軍による爆撃で殺害された。コロンビア軍自体による報告によれば、軍はラウル・レジェスを含む15名ほどのゲリラを殺害したという。その報告がほのめかしていることは、それが基本的に暗殺であったということである。それはイスラエルがごく最近の例ではヒズボラ幹部のイマド・ムグニヤに対して行ったと非難されている、ここ数十年間に犯してきた類に入るものである(実際にウゴ・チャベス・ベネズエラ大統領はその類似性に言及し、コロンビアがアメリカ大陸のイスラエルに変貌するのであろうかと訊ねた)。コロンビア全国紙エル・ティエンポによれば、「レジェスが殺害されたのは、そのゲリラ司令官からの衛星電話を傍受した陸軍及び空軍が関わる諜報活動においてであり、そのことが彼が潜伏していた場所を正確に突き止めることを可能にした。」

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 20:01 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。