2007年12月22日

民主主義日記
〔Democracy diary:Original Article in English/ZNet原文

ヒラリー・ウェインライト〔Hillary Wainright〕Red Pepper;2007年12月14日

ヒラリー・ウェインライトがカラカスからベネズエラの国民投票を、そしてまた改革に向けた次の段階を報告する

国民投票当日のカラカスは非公式に午前3時から始まった。有権者達が爆竹を鳴らし、クラクションを鳴らすことで、チャベス大統領による憲法改正案の運命を決める日の夜明けを祝っていた。これらの改憲案に含まれていたものは、住宅供給、社会保障、教育に対する社会的権利や、短縮された週労働日数といった野心的な案、それに加えて、地域住民委員会の強化、ベネズエラを正式に社会主義国家にすること、大統領に広範囲な非常事態権限を与えることや、彼の任期が満期になる2012年にチャベスが大統領に再び立候補することを可能にするための数々の案であった。

投票の視察

私にとって国民投票当日は、それよりもゆったりとした時間、午前7時に始まった。灰色のジャケットを着て、「observación internacional〔国際監視団〕」の野球帽を被り。私達は大学関係、メディアや市民社会団体に所属する80人程の人々で構成された国際団体のひとつで、国民投票の投票過程を監視した。10台のミニバンがあてがわれ、私達はカラカスとその周辺へと派遣された。私はグループ10に配置され、空港近郊の中流下層階級/労働者階級の地域カティア・ラ・マル〔Catia La Mar〕近辺の6つの投票所を訪れた。そして投票終了後に、電子投票の手集計を監視するべく、カラカス中心部の大きな中等学校に戻った。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:39 | TrackBack(1) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。