2007年11月24日

南の銀行:IMF・世銀支配に対する代替案
〔The Bank of the South:An Alternative to IMF and World Bank Dominance:Original Article in English/ZNet原文

スティーブン・レンドマン〔Stephen Lendman 〕;2007年10月30日

2004年7月、IMF〔国際通貨基金〕と世界銀行は創設60周年を祝った。ドイツと日本の予想されていた敗北後の戦後世界のための金融援助の枠組みを提供するため諸機関は〔米国〕ニューハンプシャー州のブレトンウッズで創設された。息を呑むような偽善を伴い、2004年10月の開発委員会コミュニケはこう言明した。「ブレトンウッズ機関60周年を迎え……持続可能な成長、安定したマクロ経済政策、債務の持続可能性、自由貿易、雇用の創出、貧困削減及び良い統治に向けた開発途上国による取り組みを支援していくことを改めてここに誓う。 」何ともはや。

実のところ、地獄の様な63年間に両機関は上記の意見で述べられた全てにおいて正反対の結果を達成した。創設以来、それらの任務は世界的な先進国〔global North〕が支配する世界経済に開発途上国を統合すること、そして富を貧しい諸国から裕福な諸国の強大な銀行家らに移転させる手段として債務返済を用いるというものであった。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:00 | TrackBack(1) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。