2007年11月17日

ベネズエラ:投票と弾丸の狭間で
〔Venezuela: Between ballots and bullets:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

ジェームズ・ペトラス〔James Petras〕AxisofLogic;2007年11月15日

序文

ベネズエラの民主的に選挙で選ばれたチャベス大統領は、2002年4月11日のクーデター以来最も深刻な脅威に直面している。

特権階級に属する中流・上流階級の大学生らによる暴力的な街頭デモは、カラカスの中心及びその周辺で、複数の通りにおける重大な交戦にまで至っている。更に深刻なことに、7月に退任した元国防相のラウル・イサイアス・バドゥエル将軍は、11月5日の記者会見で軍事クーデターをあからさまに呼びかけた。彼は右派及び極右のマスメディア及び政治政党のみのために会見を開いた一方で、「一個人としての」反体者の態度を取った。

全ての国際・国内民間マスメディアは、バドゥエルの演説と記者会見を宣伝した。それと共に、反体制派学生を、2007年12月2日に予定されている政府の国民投票に反対し、民主的な権利を望む平和的な抗議者として描くことで、彼らの荒れ狂った行動を捏造して報道した。

ニューヨーク・タイムズ紙、ウォールストリート・ジャーナル紙、BBCニュースやワシントン・ポスト紙は全て数年間、チャベス大統領の「権威主義」という情報を読者に与えてきた。広範囲に及ぶ政治・社会的民主化への展望を強固にする憲法改正を前に、米国、欧州や中南米のメディアはクーデターを支持する元軍人らを「民主的な反体制派」として描き出した。憲法改正国民投票が行われる2007年12月2日投票日の前段階とその後における「独裁的」権力に訴える彼の手段に幻滅した元チャベス支持者らとして。主要な新聞紙のどれひとつとして、改正案の民主的な核心に言及してきていない――地元住民や地域住民委員会〔consejos comunales〕への公共支出と意思決定権の移譲である。再び、1973年のチリと同様に、米国マスメディアは中南米の民主主義を破壊する企てにおいて共謀している。

中南米における中道左派の報道機関や政党でさえも右派のプロパガンダをそのまま報道している。11月に自称「左翼」のメキシコ日刊紙ラ・ホルナダの見出しは「ベネズエラ中央大学(UCV)経営陣や学生ら、暴力を助長したとしてチャベスを非難」であった。続けてその記事は、右派が偽造した選挙に関する世論調査を繰り返した。それは憲法改正が頓挫することを示しているとされるものである。

共和党のホワイトハウスと民主党が過半数を占める議会の両方としての米国政府は、大衆主義・国粋主義のチャベス大統領を排除し、高度に進歩的な憲法改正案を駄目にする新たな企てを再び公然と後援している。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:25 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。