2007年11月03日

エクアドルの前途有望な社会変革
〔Promised Social Change in Ecuador:Original Article in English/ZNet原文

スティーブン・レンドマン〔Stephen Lendman〕;2007年10月16日

ラファエル・コレアは昨年11月にエクアドルの大統領に当選し、社会変革を約束し、1月15日に就任した。彼はこの国の過去10年間で8番目の大統領である。その中には失政や公務怠慢に反対する大規模な街頭抗議によって失脚を余儀なくされた3人の前任者も含まれる。コレアは今約束を果たさねばならず、エクアドルの歴史で177回目となる今回こそは正しく行うことが望まれている国の憲法改正のための制憲議会選挙での国民同盟〔Movimiento Alianza Pais:政府与党〕の大勝によって後押しを得たばかりである。選挙の最終結果を待つ中、コレアの支持者らは約70%の票を獲得し、全議席130のうち80議席を勝ち取った模様である。それは変革を推し進めるには十分な過半数ではあるのだが、それを行うことは容易ではなく、コレアの立場が試されるのはこれからであろう。

長年の中南米専門家であるジェームス・ペトラスはこう記す。「現在のエクアドルは基本的な社会変容のための好機を得ているのと同時に、帝国のネットワークからの重大な脅威にも直面している」その地域の諸国家が常に直面してきたように。近年、都市や地方の結集した大衆階級が新自由主義体制を追い払ったのにもかかわらず、それらがいわゆる中道左派の指導者(彼らは左派でも中道でもない)として再び現れるのを見てきた事の次第を彼は書き留める。その中にはブラジルのルーラ、アルゼンチンのキルチネル、ボリビアのモラレス、ウルグアイのバスケス等が含まれる。ウゴ・チャベス〔ベネズエラ〕でさえ、「実利主義的な左派」の立場から統治している。彼は草の根の参加型民主主義及び再分配方式の社会政策を財界に対する支持に組み合わせている。とはいえ、先立つベネズエラの指導者達よりも公平な基準で行っている。

ぺトラスはフォーブス・マガジン編集者の批評を引用する。それはルイス・エチェベリア元メキシコ大統領(1970−1976年)に関するものであり、とても啓発的であり、コレアの挑戦を説明している――「彼は左派に語りかけ、右派のために働く。」それは現在中南米においてかなり一般的であり、典型的な例Aとして、かつての労働党創設者で国の現大統領ルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ(2002年から現在)のブラジルが目立っている。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 20:50 | TrackBack(0) | エクアドル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。