2007年10月27日

チャベス:「ガルブレイスの信奉者」
〔Chávez: 'Galbraithiano':Original Article in English/Venezuelanalysis原文

グレッグ・グランディン〔Greg Grandin〕The Nation;2007年10月2日

昨年、ニューヨーク・タイムズ紙は、ウゴ・チャベスが国際連合での演説――彼がジョージ・W・ブッシュを悪魔と呼び、米国人にノーム・チョムスキーを読むよう熱心に勧めた演説〔正確にはその後の記者会見〕――で、その言語学者が死去する前に彼と面談できなかったことを遺憾に思うと述べた、と報道した。チョムスキー氏の家に電話すると彼はピンピンしていた、とタイムズ紙の記者は皮肉った。けれども、スペイン語の原文の再検討が成され、チャベスがチョムスキーではなく、その数ヶ月前に実際に亡くなっていたジョン・ケネス・ガルブレイスに言及していたことが判明したため、タイムズ紙は訂正記事を出さなければならなかった。

ウゴ・チャベスを嘲笑しようと急ぐあまり、報道界がジョン・ケネス・ガルブレイスを訳し落としたこの出来事には、ささいな皮肉以上の何かがある。なぜならば、それ自体公の議論から長いこと取り除かれてきた、このハーバード大経済学者のニューディール政策による社会民主主義こそがまさに、チャベス革命〔Chavismo〕のみならず、それが極めて重要な一部となっているより広範な中南米左派を、より公正に考察することを可能にするからである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 20:02 | TrackBack(1) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。