2007年09月23日

チャベスによる憲法改正のいくつかの側面
〔Some aspects of Chávez's constitutional reform:Original Article in English/ZNet原文

エドゥアルド・ディマス〔Eduardo Dimas〕progreso;2007年9月10日

ウゴ・チャベス大統領による憲法改正案は権力の座に無期限に留まる方策である、とスペイン語の新聞で読んだ。これはあり得る。ただし、彼はベネズエラ国民によって繰り返し再選されなければならないのだが。したがって、無期限の委任統治は正確には彼にではなく、彼が獲得する国民の承認に懸かっているのである。彼の政権に対する信任投票という結果になった、有名な2004年の〔大統領〕罷免国民投票を含めるとチャベスは既に4度当選している。

チャベスの案に反対するベネズエラのニュース・メディアの大多数は、それをクーデターであると称している。もしそうだとしたら、それは歴史上最も奇妙なクーデターになる。何故かと言えば、改革案は議会に提出されたのであり、そこでそれは論議され、議員らによって承認あるいは修正されたのち、討論のためバリオ〔居住区〕、町、都市や地方に送られる。その後、国民投票に掛けられるのだから。

チャベスは憲法に対する33の変更点を提案した。そこに含まれるのは大統領任期を〔現在の6年から〕7年に変更し、ベネズエラ国民が望む限り多選を可能にする案である。「彼自身を永遠に権力に就ける策略である」と言う者もいる。彼らが口にしないことは、チャベスが彼の再選を国民の手に委ねていることである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:31 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。