2007年09月15日

ウゴ・チャベスの試行(と錯誤)
〔The Trial (And Errors) of Hugo Chavez:Original Article in English/ZNet原文

スティーブ・エルナー〔Steve Ellner〕In These Times;2007年9月1日

2006年4月、カラカスとラ・グァイラ港を結ぶ主要道路の構造上安全でない橋を取り壊す試みが失敗に終わった後、チャベス反対派勢力は政府の無能に対する怒りをあらわにした。2006年12月大統領選挙の野党候補マヌエル・ロサレスは、ウゴ・チャベス大統領が「カラカス〜ラグアイラ橋が崩壊するに任せた」のであり、「多数の公共事業に着手しながら完成させずにきた」と非難した。

しかしながら、2007年6月21日にチャベス大統領は、高さ180フィート〔約54メートル〕で、元の橋よりも長い半マイル〔全長900メートル〕の長さである新橋〔Viaducto 1 〕を開通させた。建造は予定通りに行われ、コパ・アメリカ〔サッカー南米選手権〕のキックオフに間に合った。野党に対する鋭い突きとして、主要な国有テレビ局は「実績をそう簡単には覆い隠すことはできない」と宣言した。チャベスに更に有利となったことは、コパ・アメリカの90年の歴史でベネズエラが初めて主催した選手権のために9つの最新で緻密に設計されたスタジアムが建設あるいは改築されたことである。

たとえこの勝負に政府が勝利したとはいえ、反対派によって提示された問題は安易な回答を許さない。石油価格は記録的な高さにある。そして国粋主義者のチャベスは石油諸企業と有利な条件で商談してきた。諸企業は現在オリノコ川流域の莫大な埋蔵物のために33パーセントの使用料〔ロイヤルティー〕を支払っている。90年代の新自由主義時代にそれは1パーセントであった。実験的な諸計画に出資するためにチャベスは、増大した石油収入のみならず、所得税制度の強制的な実施をも当てにしている。

その一方でベネズエラの人々は、チャベスがこの棚ぼたの収入を有効利用しているのか、あるいは組織の混乱や汚職、誤って設定された優先事項を通して浪費しているのかを議論している。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:36 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。