2007年09月08日

ベネズエラの軍備増強:事実か虚構か?
〔The Venezuelan Arms Build Up: Fact or Fiction?:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

ビクター・フィゲロア=クラーク〔Victor Figueroa-Clark〕Red Pepper Venezuela Blog;2007年8月26日

過去1年程の間のベネズエラ軍に関する主流報道の記事に目を通すと、それが大規模で不穏な軍備増強に従事しているように思わせるものがある[1]。「権威主義的」で「大衆迎合主義」であるというチャベス政権に対する広く普及した非難と結びつけて考えると、これは多くの者に懸念をもよおさせる。一般の人たちがベネズエラについてあまり多くを知らない一方、「チャベスは少し怪しげ」であり、また彼の政権はその地域の安定を脅かす軍事機器に莫大な額を費やしている、という印象を彼らは受けている。

チャベスの「権威主義」という無知な主張の数々は容易に論破することが可能なのだが、潜水艦や航空機の購入を説明するのはより困難である。軍事機器は何処から見ても軍事機器であり、ベネズエラの様な国がジェット戦闘機や潜水艦、あるいはヘリコプターを必要とする理由を理解することは一見したところ容易ではない。こうした軍備が数十億ドル掛かることを考慮に入れると、これらの購入がこの国家の需要との釣り合いを欠いた、莫大な増強の一端であると解釈するのは容易いことである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:12 | TrackBack(1) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。