2007年09月01日

ベネズエラにおける労働組合と社会主義
〔Trade Unions and Socialism in Venezuela:Original Article in English/Venezuelanalysis 原文

オルランド・チリーノ&アポレア・ドット・オーグ〔Orlando Chirino and Aporrea.org〕International Socialist Review;2007年7月18日

以下のインタビューはオルランド・チリーノと行われた。彼はベネズエラの全国労働者連盟(UNT)の全国組織者であり、UNTに所属するC-CURA(United Autonomous Revolutionary Class Current〔Corriente Clasista, Unitaria, Revolucionaria y Autónoma〕)の指導者である。インタビューが行われたのは、ウゴ・チャベス大統領が新しいベネズエラ統一社会主義党(PSUV)の形成を提案した後である。当初ベネズエラの左派ウェブサイト「Aporrea.org」に4月に投稿された後、英語に翻訳され2007年5月初旬に「British International Socialism journal」ウェブサイトに投稿された。

3月24日にPSUV形成を提案したときチャベス大統領が提起した諸問題に対するあなたの評価はどのようなものでしょう?

チャベス大統領が打ち出した議論の大きな長所は、それがベネズエラ革命の本質や、PSUV創設のための計画、そして異なる社会部門、特に労働階級によって担われる革命における役割を論じる機会を私達に与えたということです。それは如何にして組織編制を築き上げるのかという議論であり、それは私達が率直に、公に、そして完全な誠実さをもって論じるべきである、おびただしい一連の問題を提起します。

最も気掛かりなことは、大統領が彼が正に非難したことを結局は行ったことです。彼は政治的共食いが左派の諸組織を特徴付けると非難したのですが、その後に彼の見解を共有しないものは誰もが反革命主義者だと述べたのです。私が思うにこれは深刻な誤りです。なぜならそれは議論を促進するどころか停止させ、そして大統領が克服することを切に願っていると述べた派閥主義を助長するからです。

何が最重要事項であると考えていますか?

議論すべき問題は山ほどあるのですが、特に2つ述べさせてください。例として、大統領は改革論者は危険であると言います――私も同意します。とはいえ、大統領が提示している計画は改革派の概念に基づいており、又資本の論理から袂を分かつ見通しがないのです。説明させてください。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:25 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。