2007年08月25日

中南米民主主義に対するワシントン・ポスト紙の偏見
〔The Washington Post’s Bias Against Democracy in Latin America:Original Article in English/ZNet原文

チャック・カウフマン〔Chuck Kaufman〕;2007年8月19日

1980年代にワシントン・ポスト紙は、ニカラグアにおけるサンディニスタ革命を攻撃するため、社説欄の様式に磨きを掛けた。それに伴ったものは、半真実や完全なる嘘、当てこすりや根拠のない憶測を織り合わせた複雑で入り組んだ社説の数々である。これらの社説は200単語に制限された投書で反論することは不可能であった。この「大嘘」戦略が効果的なのは、真実で返答するためには大元の嘘よりも多くの言葉を要するためである。

ワシントン・ポスト紙は今、この「大嘘」戦略をベネズエラにおけるボリバル主義の過程とその民主的に選ばれたウゴ・チャベス大統領に対して用いている。2007年8月17日付の社説は、この戦略の模範的な例である。それは「現金払い持ち帰りの法則Cash-and-Carry Rule」と題され、その副題は「ベネズエラのウゴ・チャベス、オイルダラーと『改革』に向けたもう一押しで独裁政権を固める」とあった。

米・ベネズエラ関係や、石油の富を貧しい大多数の利益のために利用することを目指したベネズエラにおける過程を失敗させる組織的運動という重要な問題について、「米国・ベネズエラ連帯ネットワーク」は、真剣な読者を啓蒙する公共サービスとして、ワシントン・ポスト紙社説の一文ずつの脱構築を以下に提供する。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:26 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。