2007年08月11日

異なる帝国の衰退――ホンジュラスとミランダ
〔Varieties of imperial decline - Honduras and Miranda :Original Article in English/ZNet原文

トニ・ソロ〔toni solo 〕;2007年7月30日

ことによると、ジョージ・W・ブッシュ大統領をハーマン・ウォークの架空の狂った駆逐艦艦長、クイーグ艦長になぞらえるのは常に不公平であったのかもしれない。ブッシュの状態が実際に反映しているは、真に王室の血を引く猛烈な速さの痴呆である。10年足らずで、彼の統治は百年以上かけて展開したスペインの植民地支配の衰退と、専制政治から独裁政治への転変を再演してみせた。違いは共和国を破壊しようとするカルロス・アルフォンソ〔現スペイン王の名〕・ブッシュ王の決意が未だ内戦を誘発させていないことである。喩えの的確さを判断するには、中南米植民地という過去の裏庭におけるアメリカ合衆国の影響力の紛れもない急激な衰えや、いくつかの破滅的な外国での植民地戦争、その殆ど価値を失くした通貨による経済〔funny-money economy〕や、アメリカ合衆国国内で現在実施されている大規模な行政上の暴政を考慮するのがいいだろう。

きちんとした独立記念日の数々にもかかわらず、スペインが中南米で植民地支配的な統率力を失くした正確な時点を確認することは殆ど不可能である。同様のことは現在のアメリカ合衆国にも言える。それは2004年ベネズエラ〔大統領〕罷免国民投票という選挙上のディエンビエンフー〔ベトナム北西部のディエンビエン省の省都。1954年第一次インドシナ戦争でフランスのベトナム撤退へと至った戦いへの言及〕であったのか? あるいはボリビアでエボ・モラレスが権力を握り、エクアドルでラファエル・コレアが勝利し、ニカラグアでダニエル・オルテガが再選した2005年から2006年の一連の選挙であったのか? 又はそれは、この7月にベネズエラがニカラグアとエクアドルとの、総計でほぼ100億米ドルに達する2つの巨大精油所協定を取り決めた時であったのか? あるいはマヌエル・セラヤ〔ホンジュラス大統領〕がALBA〔米州ボリバル代替統合構想〕に調印した時であったのか?

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:08 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。