2007年08月04日

ベネズエラ野党、憲法改正に反対する「広範な戦線」呼びかけ
〔Venezuelan Opposition Calls for “Broad Front” Against Constitutional Reform:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

キラズ・ジャニック〔Kiraz Janicke〕;2007年7月29日

カラカス、2007年7月28日(venezuelanalysis.com)――ベネズエラの1999年憲法を改正する計画を退けるべく、ベネズエラの野党勢力は「広範な戦線」の形成を呼びかけた。この発案を支持するベネズエラ野党、「勇敢な国民同盟党〔ABP〕」、「新時代党〔UNT〕」、「民主行動党」、「キリスト教社会党〔Copei〕」、「正義第一党〔PJ〕」、「ベネズエラ社会組織前進運動党〔VAMOS〕」や、「社会主義運動党〔MAS〕」は、7月26日にカラカスのラジオ局「ウニオン・ラディオ」によって主催された討論会に参加した。VAMOSのラファエル・シモン・ヒメネス〔Rafael Simon Jimenez〕は、「帝国的な大統領職を拒絶するには、チャビスモ〔Chavismo〕[チャベス支持者ら]をも含む広範な戦線を生み出すことは必須である。〔無期限〕再選に反対!」と述べた。

米国の後援を受けた2002年4月の軍事クーデターの頓挫及び2002年12月から2003年1月に亘った石油産業ロックアウト以来、主として憲法に則った戦略を追求してきたベネズエラ野党は、これまでも協調政策を試みてきた。特に2006年の大統領選挙時の単一候補を立てる試みがある。その選挙をボイコットした旧支配政党の民主行動党(AD)の指導者らは、その試みを「空の酒瓶を取り合う酔っ払いたち」と描写した。

とはいえ殆どのチャベス反対者らにとって、野党勢力の多くは非常に評判を落としている。その理由は2002年のクーデター未遂や2003年の石油産業閉鎖時のように、過去8年間繰り返しチャベスを排除し損なってきたからである。人権や民主主義という言葉を用い、野党はかつて覆すことを試みた憲法に対する改正に今は反対している。親チャベスよりの政党のひとつとして野党の「広範な戦線」に関与することにこれまでのところ賛成していない。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 20:50 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。