2007年08月25日

中南米民主主義に対するワシントン・ポスト紙の偏見
〔The Washington Post’s Bias Against Democracy in Latin America:Original Article in English/ZNet原文

チャック・カウフマン〔Chuck Kaufman〕;2007年8月19日

1980年代にワシントン・ポスト紙は、ニカラグアにおけるサンディニスタ革命を攻撃するため、社説欄の様式に磨きを掛けた。それに伴ったものは、半真実や完全なる嘘、当てこすりや根拠のない憶測を織り合わせた複雑で入り組んだ社説の数々である。これらの社説は200単語に制限された投書で反論することは不可能であった。この「大嘘」戦略が効果的なのは、真実で返答するためには大元の嘘よりも多くの言葉を要するためである。

ワシントン・ポスト紙は今、この「大嘘」戦略をベネズエラにおけるボリバル主義の過程とその民主的に選ばれたウゴ・チャベス大統領に対して用いている。2007年8月17日付の社説は、この戦略の模範的な例である。それは「現金払い持ち帰りの法則Cash-and-Carry Rule」と題され、その副題は「ベネズエラのウゴ・チャベス、オイルダラーと『改革』に向けたもう一押しで独裁政権を固める」とあった。

米・ベネズエラ関係や、石油の富を貧しい大多数の利益のために利用することを目指したベネズエラにおける過程を失敗させる組織的運動という重要な問題について、「米国・ベネズエラ連帯ネットワーク」は、真剣な読者を啓蒙する公共サービスとして、ワシントン・ポスト紙社説の一文ずつの脱構築を以下に提供する。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:26 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2007年08月11日

異なる帝国の衰退――ホンジュラスとミランダ
〔Varieties of imperial decline - Honduras and Miranda :Original Article in English/ZNet原文

トニ・ソロ〔toni solo 〕;2007年7月30日

ことによると、ジョージ・W・ブッシュ大統領をハーマン・ウォークの架空の狂った駆逐艦艦長、クイーグ艦長になぞらえるのは常に不公平であったのかもしれない。ブッシュの状態が実際に反映しているは、真に王室の血を引く猛烈な速さの痴呆である。10年足らずで、彼の統治は百年以上かけて展開したスペインの植民地支配の衰退と、専制政治から独裁政治への転変を再演してみせた。違いは共和国を破壊しようとするカルロス・アルフォンソ〔現スペイン王の名〕・ブッシュ王の決意が未だ内戦を誘発させていないことである。喩えの的確さを判断するには、中南米植民地という過去の裏庭におけるアメリカ合衆国の影響力の紛れもない急激な衰えや、いくつかの破滅的な外国での植民地戦争、その殆ど価値を失くした通貨による経済〔funny-money economy〕や、アメリカ合衆国国内で現在実施されている大規模な行政上の暴政を考慮するのがいいだろう。

きちんとした独立記念日の数々にもかかわらず、スペインが中南米で植民地支配的な統率力を失くした正確な時点を確認することは殆ど不可能である。同様のことは現在のアメリカ合衆国にも言える。それは2004年ベネズエラ〔大統領〕罷免国民投票という選挙上のディエンビエンフー〔ベトナム北西部のディエンビエン省の省都。1954年第一次インドシナ戦争でフランスのベトナム撤退へと至った戦いへの言及〕であったのか? あるいはボリビアでエボ・モラレスが権力を握り、エクアドルでラファエル・コレアが勝利し、ニカラグアでダニエル・オルテガが再選した2005年から2006年の一連の選挙であったのか? 又はそれは、この7月にベネズエラがニカラグアとエクアドルとの、総計でほぼ100億米ドルに達する2つの巨大精油所協定を取り決めた時であったのか? あるいはマヌエル・セラヤ〔ホンジュラス大統領〕がALBA〔米州ボリバル代替統合構想〕に調印した時であったのか?

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:08 | TrackBack(0) | 中南米全般
2007年08月04日

ベネズエラ野党、憲法改正に反対する「広範な戦線」呼びかけ
〔Venezuelan Opposition Calls for “Broad Front” Against Constitutional Reform:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

キラズ・ジャニック〔Kiraz Janicke〕;2007年7月29日

カラカス、2007年7月28日(venezuelanalysis.com)――ベネズエラの1999年憲法を改正する計画を退けるべく、ベネズエラの野党勢力は「広範な戦線」の形成を呼びかけた。この発案を支持するベネズエラ野党、「勇敢な国民同盟党〔ABP〕」、「新時代党〔UNT〕」、「民主行動党」、「キリスト教社会党〔Copei〕」、「正義第一党〔PJ〕」、「ベネズエラ社会組織前進運動党〔VAMOS〕」や、「社会主義運動党〔MAS〕」は、7月26日にカラカスのラジオ局「ウニオン・ラディオ」によって主催された討論会に参加した。VAMOSのラファエル・シモン・ヒメネス〔Rafael Simon Jimenez〕は、「帝国的な大統領職を拒絶するには、チャビスモ〔Chavismo〕[チャベス支持者ら]をも含む広範な戦線を生み出すことは必須である。〔無期限〕再選に反対!」と述べた。

米国の後援を受けた2002年4月の軍事クーデターの頓挫及び2002年12月から2003年1月に亘った石油産業ロックアウト以来、主として憲法に則った戦略を追求してきたベネズエラ野党は、これまでも協調政策を試みてきた。特に2006年の大統領選挙時の単一候補を立てる試みがある。その選挙をボイコットした旧支配政党の民主行動党(AD)の指導者らは、その試みを「空の酒瓶を取り合う酔っ払いたち」と描写した。

とはいえ殆どのチャベス反対者らにとって、野党勢力の多くは非常に評判を落としている。その理由は2002年のクーデター未遂や2003年の石油産業閉鎖時のように、過去8年間繰り返しチャベスを排除し損なってきたからである。人権や民主主義という言葉を用い、野党はかつて覆すことを試みた憲法に対する改正に今は反対している。親チャベスよりの政党のひとつとして野党の「広範な戦線」に関与することにこれまでのところ賛成していない。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 20:50 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。