2007年07月28日

チャベス大統領「社会主義都市」と憲法改正を告示
〔President Chavez Announces “Socialist Cities” and Constitutional Reforms:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson〕;2007年7月23日

メリダ、2007年7月23日(venezuelanalysis.com)――ウゴ・チャベス大統領は〔首都〕カラカス近郊の最初の「社会主義都市」の発足時に複数の新たな告示をした。そこに含まれたのは、大統領の無期限の再選を許すこととなる提案されていた憲法改正や、公務員の高給の統制などである。

「私達はボリバル社会主義の理念を持って、資本主義の理念と闘っている」とチャベスは国営テレビで宣言した。軍や学校に対し彼の理念を押し付けているという非難に対してチャベスは、この国家に押し付けられてきた「よこしまな資本主義の理念」と彼の政権が闘っていることは「疑いない」、と述べることで返答した。

「私達は私達に、又この国の軍に売り込まれてきた帝国主義の理念と闘っているのであり、彼らはそれをもって私達を100年間爆撃してきた。私達が米国人のように考え、米国人を賛美するよう仕向けるために」とチャベスは述べた。

告知が成されたのは、首都のすぐ北〔バルガス州〕に位置するカミノ・デ・ロス・インディオスにおける、いわゆる「社会主義都市」をチャベスが正式に発足させた時である。これらの新しい社会主義都市は、チャベス政権が「権力の新たな幾何学」と称したものの一環になる。それは彼の完全な二期目に数えられる大統領任期における革命の5つの「原動力」のひとつである。チャベスによれば、「社会主義都市」は家族の生活に基づいて設計された小規模の生産的な生活共同体で構成されるのであり、「資本主義に仕えること」ではない、と彼は述べた。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:14 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。