2007年07月22日

南の銀行:全てが薔薇色ではない
〔Bank of the South: Not Everything is the Color of Roses:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

エデュアルド・ディマス〔Eduardo Dimas〕Progreso Weekly;2007年7月12日

各国がそれ自体の国益を持っており、それが指導的な社会階級と政権に就いている政府の種類に応じて様々である、ということは自明の理である。中南米において、それは諸国家が取っている異なる立場から完全に理解することができる。

ある国家はアメリカ合衆国との自由貿易協定(FTAs)――ほとんどの国民に影響を及ぼす協定――の加盟国である。その他は社会的公正を追い求め、貧しい人々の生活状態を改善することを望んでいる。いくつかの国家はFTAs を受け入れず、ある程度国粋主義的な政策を維持しているのだが、新自由主義計画を放棄しているわけでもない。

要するに、この地域を悩ませる問題の数々に直面するとき、統一性よりも不一致のほうが生じ易いのである。

南米南部共同市場〔メルコスール〕(Mercosur)が、筆者が述べていることの最適の例かもしれない。発足時に調印した四カ国(ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイとパラグアイ)は単なる貿易関係の範囲を越えることはなかった。その関係から、世界第10位の経済国であるブラジルはうまい汁を吸い、アルゼンチンがそれに続いた。

昨年のベネズエラの加盟や、この地域全域にエネルギーを保障するためのウゴ・チャベスの諸計画、発展と経済的補完性〔economic complementation〕のための案、そしてこれら五カ国のほぼ全ての国民を苦しませる深刻な社会問題に対する解決策は、メルコスールが取る立場において幾つかの建設的な変化を許してきた。それは更にボリビアの、そしてことによるとエクアドルの加盟によって強化され得る。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:33 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。