2007年07月15日

ベネズエラの本当の「自由の戦士達」は誰だ?
〔Who Are the Real “Freedom Fighters” in Venezuela?:Original Article in English/Venezuelanalysis.com原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson〕;2007年6月7日

Students on the Knees黒いTシャツを着た学生達が、隊列を組んだ警察機動隊の前でひざまずき、時に街頭を平和裏に行進し、時にマスクや石で催涙ガスに立ち向かい、更に警察官らに白いカーネーションを手渡しさえして、自由や表現の自由、そして弾圧からの解放を懇願する。これがベネズエラの「自由の戦士」のイメージである。それは暴政や共産主義の独裁政権の憤怒に立ち向かい、自由と人権を要求した天安門広場や東ヨーロッパの若者達を連想させる。これはいつも通りの話なのか? 抑圧的で非民主的な独裁者を打倒することを決意した若き自由の戦士たちによる勇敢な政治運動という同様の典型的な状況なのか?

過去2週間の間〔首都〕カラカスの街路を歩き、街頭での論議に耳を傾け、反政府派及び親政府派両方のデモ行進に参加し、両方の集団と話をして民主主義とは何なのかや、暴政とは何か、そして特に表現の自由がどの様に現れるのかに関して彼らの意見、根拠や信条を聞いた今、私は何がベネズエラの学生反対運動と親チャベス集団を区別するのかをより理解するようになった。結論から言うと、ベネズエラの最近現れた学生「自由の戦士たち」が持つ民主主義、暴政や自由それ自体に関する認識には多くが欠けていることを私は気付いたのである。とはいえそれよりも興味深いことは、ベネズエラの真の自由の戦士達が反政府派の学生や記者達ではなく、むしろ主流及び国際メディアにほぼ完全に黙殺されてきた別のより大規模な政治活動家の集団である、ということである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:50 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。