2007年07月07日

未来の都市?
ベネズエラの都市カロラにおける民衆の力の構築
〔The City of the Future?
Building Popular Power in the Venezuelan Town of Carora :Original Article in English/Venezuelanalysis原文

ジェイ・ハートリング〔Jay Hartling〕;2007年4月26日

カロラの街路は他の中南米都市によく似ている――せわしない商取引があらゆる街角で行われ、往来、喧騒、人々が日々の日課をこなしている……だが、私が訪問したことのある中南米の他のどの地方自治体、特にベネズエラのその他のどれとも区分する何かが、ベネズエラ、ララ州のカロラとペドロ・レオン・トレス〔Municipio Pedro Leon Torres〕地方自治体にはある。つまり、この都市は地方自治体の行政制度全体を、下から〔from the bottom up〕民主化し変えていく道を歩みだしている――現市長フリオ・チャベス(ウゴ・チャベス大統領との血縁関係はない)によって率いられて。

カロラは人口約10万人の都市であり、ベネズエラ北西部の農業が盛んなララ州に位置している。それはララ州の地形の40%を占めるペドロ・レオン・トレス地方自治体の所在地であり、その州で面積からみると最大の地方自治体となっている。そこは暑い――4月の温度は平均でセ氏約35度あるいはそれ以上になる――とはいえ、本当に熱いのは、これ程の短期間に市長がこの美しい都市を民衆の力の小宇宙へと変化させたその燃えるような速度である。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:01 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。