2007年07月01日

ウゴ・チャベスの理想:地球の夢
〔Hugo Chavez' Vision: The Earth's Dream:Original Article in English/venezuelanalysis.com原文

アルド・ヴィダリ〔Aldo Vidali〕;2007年6月22日

著者のメモ:個人崇拝の危険についての助言を筆者は頂戴した。権力に取り付かれ、イタリアを戦争へと至らしめるまでムッソリーニが人々のために行っていた善行の数々に対する大衆の熱意を筆者は子供のころ目の当たりにしたのだが、ウゴ・チャベスの理想に対する筆者の熱意がそれを忘れさせた。人間は誰一人として自尊心や成功に対する誘惑に影響を受けないことはない。チャベスは善い事を行っているのだが、彼も普通の人間であり、彼が完璧でないことを彼が認めるであろうと筆者は信じている。2002年クーデター時に誘拐された後〔首都〕カラカスに帰ってきたときウゴ・チャベスがまず語ったことは、反対意見に対する敬意と憲法の尊重であった。石油侵略戦争において彼が最高司令官〔Commander in Chief〕であるという弁解を理由にG〔ジョージ〕・W・ブッシュによる米国憲法の危険な弾圧は、民主主義を愛する者全てに誰が権力についていようとも十分気をつけるべきである、という警告になっている。

「民主的社会主義は人々の愛である。」このベネズエラ大統領の言葉が、ある異なる世界――この惑星全域の若者が可能であると信じる公正で平和な世界――の誕生を宣言した。

国連総会でのウゴ・チャベスの演説は、筆者の記事「Hugo Chavez and the Devil's Recipe〔ウゴ・チャベスと悪魔のレシピ〕」を書くきっかけになった。それは最初に2007年1月29日にテキサス州クロフォードの「ローン・スター・アイコノクラスト」紙に、そしてその後2007年3月15日にVenezuelanalysis.comに掲載された。記事はチャベス氏の理想を、イタリア人映画監督フェデリコ・フェリーニの世界観と比較した。フェリーニとチャベスの両者ともが彼らの仕事において人々に対する愛と共感を表現している。フェリーニは映像の魔術師として、より人間らしい文化を生み出すことを手助けした。そしてチャベスは革命的解放者及び政治家として、この惑星をことによると破滅から救う異なる世界を生み出している。

「Hugo Chavez and the Devil's Recipe」は大いに国際的注目を浴び、世界中の人々から次のような質問が来た。如何にしたら偉大なイタリア人映画作家を理想家の南米政治家と比較することが可能なのか? 答えは、ウゴ・チャベスが人々を愛しているのみならず、世界の若者達の欲求と大望を完全に理解していることを彼が行動によって示しているからである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:16 | TrackBack(2) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。