2007年07月28日

チャベス大統領「社会主義都市」と憲法改正を告示
〔President Chavez Announces “Socialist Cities” and Constitutional Reforms:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson〕;2007年7月23日

メリダ、2007年7月23日(venezuelanalysis.com)――ウゴ・チャベス大統領は〔首都〕カラカス近郊の最初の「社会主義都市」の発足時に複数の新たな告示をした。そこに含まれたのは、大統領の無期限の再選を許すこととなる提案されていた憲法改正や、公務員の高給の統制などである。

「私達はボリバル社会主義の理念を持って、資本主義の理念と闘っている」とチャベスは国営テレビで宣言した。軍や学校に対し彼の理念を押し付けているという非難に対してチャベスは、この国家に押し付けられてきた「よこしまな資本主義の理念」と彼の政権が闘っていることは「疑いない」、と述べることで返答した。

「私達は私達に、又この国の軍に売り込まれてきた帝国主義の理念と闘っているのであり、彼らはそれをもって私達を100年間爆撃してきた。私達が米国人のように考え、米国人を賛美するよう仕向けるために」とチャベスは述べた。

告知が成されたのは、首都のすぐ北〔バルガス州〕に位置するカミノ・デ・ロス・インディオスにおける、いわゆる「社会主義都市」をチャベスが正式に発足させた時である。これらの新しい社会主義都市は、チャベス政権が「権力の新たな幾何学」と称したものの一環になる。それは彼の完全な二期目に数えられる大統領任期における革命の5つの「原動力」のひとつである。チャベスによれば、「社会主義都市」は家族の生活に基づいて設計された小規模の生産的な生活共同体で構成されるのであり、「資本主義に仕えること」ではない、と彼は述べた。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 22:14 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2007年07月22日

南の銀行:全てが薔薇色ではない
〔Bank of the South: Not Everything is the Color of Roses:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

エデュアルド・ディマス〔Eduardo Dimas〕Progreso Weekly;2007年7月12日

各国がそれ自体の国益を持っており、それが指導的な社会階級と政権に就いている政府の種類に応じて様々である、ということは自明の理である。中南米において、それは諸国家が取っている異なる立場から完全に理解することができる。

ある国家はアメリカ合衆国との自由貿易協定(FTAs)――ほとんどの国民に影響を及ぼす協定――の加盟国である。その他は社会的公正を追い求め、貧しい人々の生活状態を改善することを望んでいる。いくつかの国家はFTAs を受け入れず、ある程度国粋主義的な政策を維持しているのだが、新自由主義計画を放棄しているわけでもない。

要するに、この地域を悩ませる問題の数々に直面するとき、統一性よりも不一致のほうが生じ易いのである。

南米南部共同市場〔メルコスール〕(Mercosur)が、筆者が述べていることの最適の例かもしれない。発足時に調印した四カ国(ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイとパラグアイ)は単なる貿易関係の範囲を越えることはなかった。その関係から、世界第10位の経済国であるブラジルはうまい汁を吸い、アルゼンチンがそれに続いた。

昨年のベネズエラの加盟や、この地域全域にエネルギーを保障するためのウゴ・チャベスの諸計画、発展と経済的補完性〔economic complementation〕のための案、そしてこれら五カ国のほぼ全ての国民を苦しませる深刻な社会問題に対する解決策は、メルコスールが取る立場において幾つかの建設的な変化を許してきた。それは更にボリビアの、そしてことによるとエクアドルの加盟によって強化され得る。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 22:33 | TrackBack(0) | 中南米全般
2007年07月15日

ベネズエラの本当の「自由の戦士達」は誰だ?
〔Who Are the Real “Freedom Fighters” in Venezuela?:Original Article in English/Venezuelanalysis.com原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson〕;2007年6月7日

Students on the Knees黒いTシャツを着た学生達が、隊列を組んだ警察機動隊の前でひざまずき、時に街頭を平和裏に行進し、時にマスクや石で催涙ガスに立ち向かい、更に警察官らに白いカーネーションを手渡しさえして、自由や表現の自由、そして弾圧からの解放を懇願する。これがベネズエラの「自由の戦士」のイメージである。それは暴政や共産主義の独裁政権の憤怒に立ち向かい、自由と人権を要求した天安門広場や東ヨーロッパの若者達を連想させる。これはいつも通りの話なのか? 抑圧的で非民主的な独裁者を打倒することを決意した若き自由の戦士たちによる勇敢な政治運動という同様の典型的な状況なのか?

過去2週間の間〔首都〕カラカスの街路を歩き、街頭での論議に耳を傾け、反政府派及び親政府派両方のデモ行進に参加し、両方の集団と話をして民主主義とは何なのかや、暴政とは何か、そして特に表現の自由がどの様に現れるのかに関して彼らの意見、根拠や信条を聞いた今、私は何がベネズエラの学生反対運動と親チャベス集団を区別するのかをより理解するようになった。結論から言うと、ベネズエラの最近現れた学生「自由の戦士たち」が持つ民主主義、暴政や自由それ自体に関する認識には多くが欠けていることを私は気付いたのである。とはいえそれよりも興味深いことは、ベネズエラの真の自由の戦士達が反政府派の学生や記者達ではなく、むしろ主流及び国際メディアにほぼ完全に黙殺されてきた別のより大規模な政治活動家の集団である、ということである。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 22:50 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2007年07月07日

未来の都市?
ベネズエラの都市カロラにおける民衆の力の構築
〔The City of the Future?
Building Popular Power in the Venezuelan Town of Carora :Original Article in English/Venezuelanalysis原文

ジェイ・ハートリング〔Jay Hartling〕;2007年4月26日

カロラの街路は他の中南米都市によく似ている――せわしない商取引があらゆる街角で行われ、往来、喧騒、人々が日々の日課をこなしている……だが、私が訪問したことのある中南米の他のどの地方自治体、特にベネズエラのその他のどれとも区分する何かが、ベネズエラ、ララ州のカロラとペドロ・レオン・トレス〔Municipio Pedro Leon Torres〕地方自治体にはある。つまり、この都市は地方自治体の行政制度全体を、下から〔from the bottom up〕民主化し変えていく道を歩みだしている――現市長フリオ・チャベス(ウゴ・チャベス大統領との血縁関係はない)によって率いられて。

カロラは人口約10万人の都市であり、ベネズエラ北西部の農業が盛んなララ州に位置している。それはララ州の地形の40%を占めるペドロ・レオン・トレス地方自治体の所在地であり、その州で面積からみると最大の地方自治体となっている。そこは暑い――4月の温度は平均でセ氏約35度あるいはそれ以上になる――とはいえ、本当に熱いのは、これ程の短期間に市長がこの美しい都市を民衆の力の小宇宙へと変化させたその燃えるような速度である。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:01 | TrackBack(0) | ベネズエラ
2007年07月01日

ウゴ・チャベスの理想:地球の夢
〔Hugo Chavez' Vision: The Earth's Dream:Original Article in English/venezuelanalysis.com原文

アルド・ヴィダリ〔Aldo Vidali〕;2007年6月22日

著者のメモ:個人崇拝の危険についての助言を筆者は頂戴した。権力に取り付かれ、イタリアを戦争へと至らしめるまでムッソリーニが人々のために行っていた善行の数々に対する大衆の熱意を筆者は子供のころ目の当たりにしたのだが、ウゴ・チャベスの理想に対する筆者の熱意がそれを忘れさせた。人間は誰一人として自尊心や成功に対する誘惑に影響を受けないことはない。チャベスは善い事を行っているのだが、彼も普通の人間であり、彼が完璧でないことを彼が認めるであろうと筆者は信じている。2002年クーデター時に誘拐された後〔首都〕カラカスに帰ってきたときウゴ・チャベスがまず語ったことは、反対意見に対する敬意と憲法の尊重であった。石油侵略戦争において彼が最高司令官〔Commander in Chief〕であるという弁解を理由にG〔ジョージ〕・W・ブッシュによる米国憲法の危険な弾圧は、民主主義を愛する者全てに誰が権力についていようとも十分気をつけるべきである、という警告になっている。

「民主的社会主義は人々の愛である。」このベネズエラ大統領の言葉が、ある異なる世界――この惑星全域の若者が可能であると信じる公正で平和な世界――の誕生を宣言した。

国連総会でのウゴ・チャベスの演説は、筆者の記事「Hugo Chavez and the Devil's Recipe〔ウゴ・チャベスと悪魔のレシピ〕」を書くきっかけになった。それは最初に2007年1月29日にテキサス州クロフォードの「ローン・スター・アイコノクラスト」紙に、そしてその後2007年3月15日にVenezuelanalysis.comに掲載された。記事はチャベス氏の理想を、イタリア人映画監督フェデリコ・フェリーニの世界観と比較した。フェリーニとチャベスの両者ともが彼らの仕事において人々に対する愛と共感を表現している。フェリーニは映像の魔術師として、より人間らしい文化を生み出すことを手助けした。そしてチャベスは革命的解放者及び政治家として、この惑星をことによると破滅から救う異なる世界を生み出している。

「Hugo Chavez and the Devil's Recipe」は大いに国際的注目を浴び、世界中の人々から次のような質問が来た。如何にしたら偉大なイタリア人映画作家を理想家の南米政治家と比較することが可能なのか? 答えは、ウゴ・チャベスが人々を愛しているのみならず、世界の若者達の欲求と大望を完全に理解していることを彼が行動によって示しているからである。

記事の続きを読む
posted by Agrotous at 23:16 | TrackBack(2) | ベネズエラ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。