2007年06月16日

チャベスの模範の普及を危惧する米国
〔Venezuela: US fears spread of Chavez example:Original Article in English/ZNet原文

フェデリコ・フエンテス〔Federico Fuentes〕Green Left Weekly;2007年6月11日

「言論の自由賛成、帝国主義反対」という旗じるしの下に、何十万ものベネズエラ人が彼らの革命を護るため、6月2日カラカスの街頭へ出た。そしてそれは、ラディオ・カラカス・テレビシオン(RCTV)の放送免許更新拒否に続いた、米国政府によって駆り立てられた国内・国際的な組織的活動に対する直接の反応としてであり、先立つ日々に行われた反体制派デモの全てを凌駕していた。ウゴ・チャベス・ベネズエラ大統領はこう宣言した。「もしベネスエラの寡頭政治勢力が脅しをもって、また彼らの操作や不安定化計画をもって私達を止めることができると信じているのであれば、大間違いである!」

「米帝国によって操作された」不安定化計画の各々は「新たな革命的攻勢」に直面するであろうと約束し、チャベスは「今日から始まり……ボリバル主義の反撃」は国全域で開始される、「街頭で、工場で、大学で、高校で、全ての領域で――真に思想的で、政治的、一般民衆による、全国的及び国際的な反撃が」と述べた。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 00:43 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。