2007年05月19日

民主主義に対する米国の戦争
ジョン・ピルジャーとのインタビュー
〔The U.S.’ War on Democracy
Interview with John Pilger:Original Article in English/ZNet原文

ジョン・ピルジャー&パブロ・ナバレッテ〔John Pilger and Pablo Navarrete〕Venezuelanalysis.com;2007年5月2日

〔リンク原文ママ〕

ジョン・ピルジャーは受賞暦のあるジャーナリスト、作家兼ドキュメンタリー映画製作者であり、1958年に彼の母国であるオーストラリアで活動を開始し、その後1960年代にロンドンに移住した。彼は1967年のベトナム戦争以来海外特派員や最前線の戦争報道記者を勤めてきた。彼は西側の諸政府による対外軍事・経済的な危険な企てに対する激しい批評家である。

「それはあまりにも容易なことです」とピルジャーは言う、「西側のジャーナリストが『私達の』利益にとっての有用性という見地から人類を理解し、良い暴君と悪い暴君を、そして価値ある犠牲者と価値なき犠牲者を規定する政府の政策に従い、『私達の』政策が、通例はその逆が真実であるのに、常に慈悲深いと描写することは。ジャーナリストの務めは、まず第一に、彼自身の社会の鏡を凝視することです。」

ピルジャーは更に、ジャーナリストが公的記憶の守護者になるべきであると信じており、頻繁にミラン・クンデラ〔『存在の耐えられない軽さ』で知られるチェコ出身の作家〕を引用する。「権力に対する人間の闘争は、忘却に対する記憶の闘争である」と。

55本以上のテレビドキュメンタリーを生み出したピルジャーの経歴で、初の映画館用のメジャー製作の映画である『The War on Democracy〔民主主義に対する戦争〕』は2007年5月11日に英国で封切られる。ピルジャーは数週間ベネズエラで撮影を行い、『The War on Democracy』にはウゴ・チャベス・ベネズエラ大統領との独占インタビューが含まれている。

PN〔パブロ・ナバレッテ〕:あなたの新作『The War on Democracy』の内容について語ることから始めてくれますか?

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:56 | TrackBack(1) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。