2007年05月11日

IMF・世銀、ベネズエラが脱退表明するなか、衰える権威に直面
〔IMF and World Bank Face Declining Authority as Venezuela Announces Withdrawal:Original Article in English/ZNet原文

マーク・ウェイスブロート〔Mark Weisbrot〕;McClatchy-Tribune / CEPR;2007年5月3日

〔記事中リンク原文ママ〕

IMF〔国際通貨基金〕と世界銀行から脱退するというベネズエラの今週の決定は単に、ウゴ・チャベス・ベネズエラ大統領とブッシュ政権との間の進行中の反目の一例である、と米国ではみなされるであろう。しかし世界の他の地域ではおそらく異なった見方がされるであろうし、開発途上諸国において近年その権威と正当性が減少の一途をたどっている両機関に影響を与える可能性がある。

他の諸国が後に続くこともあり得る。エクアドルのラファエル・コレア大統領は世界銀行代表を国から追放する、と先週公表した。それは前例のない行動であり、コレア大統領は「我々はこの国際的官僚政治の強要にこれ以上耐えることはない」と明言することでそのことを強調した。2005年に世界銀行は、それ以前に承認されていたエクアドルへの1億ドルの貸付金を保留した。政府が思いがけなく手に入った石油歳入を政府の選択である社会的支出にではなく、負債返済に使うよう仕向けるためであった。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:15 | TrackBack(2) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。