2007年05月05日

加速するベネズエラの革命
〔Venezuela’s Revolution Accelerates:Original Article in English/Venezuelanalysis原文

フェデリコ・フエンテス〔Federico Fuentes〕Green Left Weekly;2007年4月25日

2005年に4ヶ月を過ごしたのを最後に、ベネズエラに再度戻り、私はベネズエラ人がしきりに繰り返していた文句を思い起こした。「2006年に私達がチャベスを再選させた後に、真の革命が始まる。」彼らが正確に意味していたことを理解するのにはほんの僅かな時間しか掛からなかった。

私が到着したのは、2002年4月11日から13日にベネズエラに衝撃を与えた歴史的な出来事の5周年記念の前夜である。それは米国に支援されたクーデター。その後に続いた、軍の大多数との協力を伴った貧しきもの達の大衆蜂起によって覆されたクーデター。〔首都〕カラカス全域で、たれ幕や掲示板があの運命を決した日々に起きたことを要約するスローガンを掲げていた。「あらゆる11日には13日が伴う――寡頭政治〔少数独裁〕の反革命には市民・軍の革命が」。ボリバル主義の過程を阻止すること、また裕福なエリートの利権を護ることを目的としたクーデターを覆し、ウゴ・チャベス大統領を復職させた大規模蜂起のビデオ映像を流すべく都市全域で多数のスクリーンが設置されていた。国営テレビ局はこの3日間を通して、クーデターとそれに続いた反乱にまつわる数々の出来事に関するドキュメンタリーを放映した。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:51 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。