2007年04月28日

CIA、ウゴ・チャベス殺害目論みか?
〔Is The CIA Trying to Kill Hugo Chávez? :Original Article in English/ZNet原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson〕;2007年4月19日

「あのくそ野郎を殺してやりたい」と、ベネズエラのトーマス・ギジェン〔Thomas Guillen〕国家警備軍大佐は妻との録音された電話で言った。昨月ベネズエラ国営テレビ局で放送されたその通話で、大佐はウゴ・チャベス大統領を殺害する彼と彼の父親の計画を明かした。翌日、大佐と彼の父親、退役したラモン・ギジェン・ダビラ〔Ramon Guillén Dávila〕将軍はベネズエラ大統領殺害を企てたとして逮捕・拘留された。[1]

ここ数週間ウゴ・チャベスは、米国が彼を殺害する計画を立てており、彼と彼の政権に対する活動を増大させている、という警告を強めてきている。チャベスは更に、CIA〔中央情報局〕が有名なキューバ人テロリストでCIA工作員のポサダ・カリレスと提携して彼の暗殺計画を企てていると主張してきた。だがこのなかに僅かな真実もあるのだろうか? これは米国のもうひとりの公式の「敵」を殺害する典型的なCIAの陰謀なのであろうか? CIAとラモン・ギジェン・ダビラ将軍の間の繋がりを一瞥すると、それが確かに可能性のひとつであることを垣間見せる。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:18 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。