2007年04月22日

超国籍資本主義
ウィリアム・ロビンソンとのインタビュー
〔Transnational Capitalism
An Interview with William Robinson:Original Article in English/ZNet原文

ウィリアム・ロビンソン&エレフテロティピア〔William Robinson and Eleftherotypia〕;2007年4月13日

カリフォルニア大学サンタバーバラ校の社会学、グローバル・国際学、及び中南米とイベリア学〔スペインとポルトガルに関する研究〕の教授

ギリシャの新聞紙「エレフテロティピア」によるインタビュー

1.新たな形態の権力と新たな形態の抵抗を伴った、新たな段階への世界的な歴史的過渡期を私達は目の当たりにしている、と貴方は論じています。まず、現在の資本主義に関して目新しいことは何でしょう?

この新たな時代の主な特徴は、真に超国籍資本及び、新たな世界的に統合された生産・金融体制の台頭です。生産は無数の絶えず変化する局面へと分裂してきており、それらは地球全域で分権化され分散されました。その結果、いくつかのはっきりとした区分は機能の上で生産と流通の莫大な世界的連鎖網に統合されています。各々の自律的な国家経済は構造改革され、対外的に統合されてきており、それゆえに各「国家」経済はより大規模な世界的生産体制の構成要素の一部に成りました。

さらに現在真に世界的な金融体制があります。国家的な金融体制といったものはもはや存在していません。実際に、資本の中で金融資本は最も流動的で最も多国籍化された部分です。このことには重大な含みがあります。貨幣資本はサイバースペースに存在しており、そこで国境は認識されず、直面するのはたとえあったとしてもわずかな国家統制のみです。貨幣資本は固定資本を副次的なものにします。貨幣資本を支配する者は、金融操作によって世界の如何なる場所においても富を着服し、それらを進行形で世界の別の場所へと移転させることができます。

この世界的に統合された生産・金融体制は、世界の全ての場所において、世界経済を動かしている巨大超国籍企業の周辺で編成された、拡大する資本の相互浸透を強めています。

そこには資本の超国籍化〔transnationalization〕を助長する重大で新たな仕組みがあります。例えば、世界経済の主要な中心地から、世界中の全てでなければ殆どの首都への株式市場の普及は、24時間の取引とあいまって、かつてなく大規模な世界的取引を、したがって株式の超国籍的な所有を助長しています。国家的な金融体制の世界的な統合と貨幣資本の新たな形態は、二次的な金融派生商品〔デリバティブ〕市場も含め、資本の所有を超国籍化することをも容易にしています。

統合の他の仕組みは、海外直接投資の急騰、TNC〔多国籍企業〕関連会社の普及、国境を越えた合併・買収〔M&A〕の目を見張るような拡大、取締役会の超国籍的な兼任の進展、国境を越えたあらゆる類の戦略的提携の普及、そして超国籍ビジネス頂上団体〔peak business associations〕の高まる影響力です。

こうしたやり方で、超国籍資本家階級が資本主義グローバライゼーションの明白な仲介人として現れたのです。

2.あなたは国家的・地域的な資本家がもはや存在していないと言っているのではないですよね?

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:23 | TrackBack(0) | 世界
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。