2007年04月14日

バリオからの展望
都市部大衆運動の表れとしてのウゴ・チャベス
〔A View from the Barrios
Hugo Chávez as an Expression of Urban Popular Movements:Original Article in English/ZNet原文

スジャータ・フェルナンデス〔Sujatha Fernandes〕;LASA Forum;2007年4月7日

LASA Forum, Winter 2007〔Vol 28, Issue 1, pp 17 – 19〕に出版された

ベネズエラのウゴ・チャベス大統領の急進的な軌跡は、中南米専門家ら、民主化の権威、政策立案者や活動家の間で議論を呼ぶ話題であり続けた。ある者たちは、法の支配に関するチャベスによる軽視及び政党体制の崩壊であると彼らがみなす事柄を嘆く。彼らは彼を、伝統的な社会制度を迂回し大衆と直結した繋がりを創出した他の新大衆主義〔neopopulist〕の指導者らと比較する。他の者は、伝統的な社会制度の秩序の維持よりも、貧困とゆるぎない不平等の歴史的な問題に取り組むという彼のより重大な問題を擁護する

ベネズエラにおける1980年代の債務危機の後、及びそれに続く民営化と新自由主義構造改革の波の後、貧困は劇的に拡大した。貧困線以下で暮らす人口の割合は1984年の36パーセントから1995年には66パーセントになった。この莫大な相違を考慮すると、チャベスのそれの様な急進的な政策は、社会的支出を拡大させ、富を再分配するために正当化され得る。

けれどもチャベスの支持者らは、彼を誹謗する者達と同様に、チャベス自身の手に多大な権限を委ねているように思われる。政策を組み立て、計画を立案し、まとまりのない大衆に方向性を与えることに責任がある唯一の人物として。ベネズエラ革命の政策議題を形作る上で、どちらの側も大衆社会部門の役割に注意を向けていない。チャベスについての私自身の擁護は、彼の適切な政策や計画に対する承認のみならず、大衆の意識が戦い勝ち取った一定の領域を彼が象徴している、という私の信念から来ている。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:19 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。