2007年04月07日

チャベスは安定に対する脅威か? 否。
〔Is Hugo Chavez a Threat to Stability? No.:Original Article in English/ZNet原文

マーク・ウェイスブロート〔Mark Weisbrot〕International Affairs Forum;2007年4月4日

〔文中リンク原文ママ〕

「ベネズエラのウゴ・チャベス大統領が〔中南米の〕地域的な安定性に対する脅威であるかどうか、またブッシュ政権を含め彼を批判するものたちは如何にして応じるべきか」という質問について意見を述べることを私は求められた。これは簡単な質問である。

チャベス大統領の政策や声明に同意しようと異議があろうと、彼や彼の政権が地域的な安定に対する脅威であるという考えは馬鹿げている。それどころか、それよりも遥かに理にかなった論を挙げることができる。彼の政権がその地域の安定化に貢献した、と。

そのやり方は、自らの500億ドルの外国為替準備を利用し、最後の手段としての債権国の役割を果たし、その地域全域の諸国に対する財政援助の他の形態を提供することによってである。それはこれまで国際通貨基金〔IMF〕が行ってきたと言われているが、ほとんど行わなかったことである。それが今特に重要なのは、中南米が重大な歴史的推移を体験しているからである。その地域のおおよそ半数の人口を左派諸政府が統治している今。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:28 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。