2007年03月30日

チャベスとベネズエラ:施しではなく、義務をハイチへ
〔Chávez and Venezuela: Duty, not Charity, to Haiti:Original Article in English/Venezuelanalysis 原文

ワドナー・ピエール〔Wadner Pierre〕HaitiAnalysis.com;2007年3月20日

2007年3月12日、午前7:30分頃から、〔ハイチの〕首都の街頭の至るところで「チャベス」と叫ぶ声が聞かれた。ポルトープランスの空港の表に支持者達の大群が続々と到着した。「チャベス、チャベス、私達が捜し求めているのは貴方だ……アリスティド〔ハイチ前大統領〕を帰国させるためにプレヴァル大統領は貴方の助けを必要としている」と人々は、ベネズエラのウゴ・チャベス大統領を歓迎しながら嬉しそうに歌った。

午前10時までには、支持者達は看板や吹流しを掲げ終え、チャベスを賞賛し、ブッシュを非難した。「チャベス万歳、ブッシュ打倒」、「アリスティド大統領は彼の国に帰らなければならない」。「チャベスよ、私達はあなたを愛している」。シテ・ソレイユ〔ポルトープランスのスラム地区〕の支持者達は彼らの地域共同体における「青いヘルメット〔国連平和維持軍〕」による暴力を非難した。数万人もの人々が集まっていた。

ファンミ・ラバラス〔ラヴァラの家族 〕党 のスポークスマンDeshomme Présentgloire氏はこう述べた。「ファンミ・ラバラスと他の団体のメンバーとして、私達は『ようこそ!』と伝えることで、チャベス大統領を歓迎しにやって来ました。なぜなら、彼は良心の人であり、彼はハイチの人々を愛しているから。私達はまた彼に、アリスティド大統領を帰国させる手続きにおいて、南アフリカの大統領を手助けするよう頼みます。私達は今日プレヴァル大統領に彼の帰国の期日を決定するよう頼みます。それが今朝私達をここに呼び寄せた理由です。」

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:21 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。