2007年03月23日

米国の没落と中南米の台頭
〔The Descent of the US and Rise of Latin America:Original Article in English/ZNet原文

フィリップ・エイジー〔Philip Agee〕;2007年3月19日

近年のニュースを追っているものなら誰もが、中南米とカリブ海に広まっている革新的な変化の波に気付かずにはいられないであろう。長く孤独な年月に亘って、キューバは希望の光を掲げてきた。世界レベルの文化・スポーツ・科学的業績と共に、普遍的医療と教育の双方を無料で提供する模範的な諸計画を通して。今日物事が完璧であると言うキューバ人は見当たらず、完璧からは程遠いのだが、革命以前のキューバと比較するとおびただしい改善が成されたことをおそらく皆が賛成するであろう。その全てを、独立と自主決定の容認できない例として彼らを孤立させようとする米国による尽力に対抗して彼らは行った。〔米国〕は侵入、サボタージュ、テロリズム、暗殺、経済・生物戦および多くの諸国の協同したメディアにおける絶え間ない虚妄を含めたあらゆる卑劣な企みを用いた。1960年代に中南米でCIA工作員であったゆえに、これらの方法を私は十分承知している。合計で3千5百人近くのキューバ人がテロ活動によって亡くなっており、2千人以上が恒久的な身体障害者になった。キューバほどに長期にわたり、また一貫してテロリズムに苦しんだ国はない。

その年月を通して、1959年に権力に就く以前に始まり、キューバ革命は国防目的で米国に情報収集能力を有する必要があった。それがキューバの5人〔Cuban Five〕の完全に正当な任務であった。公平な裁判を受ける見込みのないマイアミで複数の犯罪の有罪判決の後、長い刑期を伴って彼らは1998年以来拘置されてきた。有罪判決は殺人のためにスパイ行為を行うべく共謀したためである。それにもかかわらず彼らは、マイアミでキューバに対する作戦のための犯罪的なテロリスト計画が行われていた土地のみに配属されていたのであり、それらの活動はFBIや他の法執行組織によって黙殺されたものであった。彼らは米国政府の機密情報を求めもしなければ、受け取りもしなかった。彼らの訴訟は未だ控訴中であり、長い間進展はないであろうが、彼らに対する完全に偏った有罪判決は、米国の歴史における最も恥ずべき不正のひとつであり、1920年代の無政府主義者移民ニコラ・サッコとバルトロメオ・ヴァンゼッティに対する合法的リンチ殺人の部類に入る。米国において、また世界中で、キューバの5人の自由は、公正、人権や正義が重要である全ての者にとっての大義であるべきである。90の諸国の300の「Free the Five」連帯委員会の活動に加わることによって。

現在の米国政策とその手段や目的が見出せるのは、「自由キューバ支援委員会」の500ページ近い2004年の報告と、2006年に出版された秘密の補遺を伴う更新版である。1959年にそうであったと私が記憶するように、2007年も同様である基本的な目的は、悪い模範が普及しないようにキューバを孤立させることであり、成功した場合現在の政策は、キューバ人が正当にも主張するように、法的ではないにしても事実上の米国へのキューバの併合と完全な従属をもたらすであろう。1959年からの他の基本的な目的は、50年近く経った今でも、国内的な政治的反対を扇動することや、絶望、飢餓や失望に至る経済的困難をキューバに引き起こすことである。これらの目的を集団虐殺的であると呼ぶのは誇張ではない。

けれども、キューバに対する米国の50年近くに亘る経済戦争は、その経費が帳簿を付けているキューバ人の見積もりによると800億ドル以上に上るにもかかわらず、成功してきていない。1990年代初期、ソビエト連邦の崩壊によるキューバ経済の急落の後、それは1995年に回復し始めた。2005年までには成長は11.8%になり、2006年には中南米で最高の12.5%になった。いくつかの部門は崩壊以前の80年代後半の開発レベルを上回り、その他はほぼ回復した。キューバのサービス、ニッケル、薬学や他の生産物は急発展しており、どれほど試みようとも、米国はそれを阻止できずにきた。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:43 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。