2007年03月17日

ベネズエラの緑の政策:
チャベスは「環境的大統領」に値する
〔Venezuela’s Green Agenda:
Chavez Should Be Named The “Environmental President”:Original Article in English/ZNet原文

エバ・ゴリンジャー〔Eva Golinger〕Venezuelanalysis.com;2007年2月27日

「私達は石油生産国であり、そのことが私達に――極限のレベルで――環境により気を配り、全ての領域:大地、水及び空気において汚染を削減するよう義務付けるのである。」

―ウゴ・チャベス・ベネズエラ大統領、2007年2月24日。

世界で最初の環境に優しい大統領がベネズエラから現れるであろう、とグリーンピースやアース・ファースト!のメンバーが想像しただろうか? 環境保護運動家の多くが、その南米の国が石油生産諸国のうち最大のひとつであり、重鉱物や石炭の主要な供給源であることを考慮し、その様な考えを滑稽であると思うかもしれない。けれども、ウゴ・チャベス・フリアスが初めて選挙勝利して以来、彼はとても環境保護的な良心を発展させてきた。そしてそれは国の政策と社会計画に同時に反映されている。

青年時代にチャベスはおそらく環境保護活動家ではなかったであろうが、彼の卓越した特徴のひとつは彼の率直さと、耳を傾け学ぶ意欲である。したがってチャベス大統領は数年もの間、世界中の反グローバライゼーションや環境保護活動家らの呼びかけに注意を払ってきており、保護の努力や均衡のとれた消費や汚染除去の運動を支援し是認するために、ベネズエラの統治の形態を如何にして変更するべきかを学んできた。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:29 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。