2007年03月10日

第四次世界大戦はベネズエラで始まった
カラカソの遺産
〔The Fourth World War Started in Venezuela
The Legacy of Caracazo:Original Article in English/VenezuelAnalysis原文

ジョージ・シカリエッリョ=マエル〔George Ciccariello-Maher〕CounterPunch;2007年3月5日

新自由主義に対する反乱の発端を捜し求める者は、1998年のシアトル(米国を中心にした活動家らはこの運動がシアトルで始まったと主張することで悪名高い)よりも以前、それに先立つ同年ロンドンのJ18〔6月18日〕デモ抗議よりも以前にさかのぼる必要がある。1994年1月1日のサパティスタ運動の公共への出現よりも前を回顧する必要がある。以上全ての出来事の前に、カラカソ〔カラカス暴動〕があった。勇壮な闘争の18周年記念に、この単独で重要だが頻繁に見過ごされる出来事を回想することは価値がある。それをフェルナンド・コロニル〔Fernando Coronil〕はこう描写した。「中南米の歴史で、緊縮財政に抵抗した、最大で最も暴力的に鎮圧された暴動である」と。

おとり戦略

カルロス・アンドレス・ペレスは1989年2月2日に(連続ではない)二期目に就任した。それは著しく反新自由主義的な選挙運動の後であり、その選挙中彼はIMF〔国際通貨基金〕を「人々のみを抹消する爆弾」であるとして酷評した。それ以来「おとり戦略〔bait-and-switch 〕」改革の悪名高い例として知られるようになった改革で、ペレスは当時考案されたばかりのワシントン・コンセンサスの文字通りの履行に着手した。この大転換の迅速さは、ペレスの新自由主義経済政策パッケージ(「paquetazo 」と呼ばれた)が、国際金融機関を非難し債務国間の連帯を唱導した就任演説から2週間経つか経たないうちに発表された事実からも明白である。2月16日の演説でペレスは国は覚悟しなければならないと警告した。「大転換」のために。

ベネズエラのエリートが新自由主義を数年間ばくぜんと考慮していたとはいえ、またハイメ・ルシンチ〔Jaime Lusinchi 〕大統領が1984年に異端の新自由主義経済政策パッケージを成立させていたとはいえ、ペレスの一括法案は、その正統性のため注目に値する。ベネズエラの多くの主要都市が広範囲な暴動と略奪に悩まされている中、2月28日にIMFと調印された関心表明書〔LOI〕において、ペレスの計画の基本方針が次のように提示された。政府支出及び俸給は制限される、為替レートと金利は規制解除される(それによって実質的に農夫のための金利助成であったものが排除される)、価格統制は緩和される、助成は縮小される、売上税が開始される、国家により供給される商品やサービス(石油を含む)の価格は緩和される、関税は排除され輸入は緩和される、ベネズエラにおける外資取引は助長されることとなる。

要するに、この計画は急騰する価格と通貨引き下げを前にした緩慢な収入という強力なカクテルを意味した。予測されるとおり、1989年に貧困は頂点に達した。〔貧困率は〕世帯の44%(5年間に絶対数で二倍になった数値)、極貧層は人口の20%になった。「不吉な金曜日」として今もなお記憶されている1983年の〔通貨〕ボリーバルの引き下げ以来、物価高騰が少なくとも不安の種であったとはいえ、彼らの土地の下に埋蔵されているものに対する共通の権利をベネズエラ人が持っているという一般的な(また議論の余地なく正確な)認識が、2月27日の早朝、暴動の怒れる炎を煽ったのであった。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:34 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。