2007年02月24日

エクアドル大統領、ボリバル主義を受け入れる
〔Ecuador's President Embraces Bolivarianism:Original Article in English/ZNet原文

スティーブン・レンドマン〔Stephen Lendman〕;2007年2月21日

昨年11月ウゴ・チャベス・フリアスがあるエクアドル人を味方に引き入れたのは、〔エクアドルの〕有権者らが米国に選ばれた、国で最も裕福な人物を退け、驚愕すべき票差でラファエル・コレアを大統領に選出した時である。コレアは大衆路線の経済学者であり、自称「人道主義の左派キリスト教徒」である。長年エクアドルの普通の人々の利益に反して、エリートによりエリートのために支配されてきた中南米のもうひとつの国に大きな変革を〔彼は〕誓っている。彼ら〔大衆〕の声はついに発せられ、勝利した。

コレアは1月15日に公職に就いた。その国は1千3百万の人口を抱え、その70%以上が窮乏生活を送っている。彼らが選出したのは、社会民主的な変革を誓う人物であり、ウゴ・チャベスの下ベネズエラ人が得ているのと同様の利益を受ける機会を彼らも得た。コレアは過去10年間で8番目の大統領である。そこには失政や公務怠慢に対する大衆による街頭抗議によって公職から追われた先立つ3人の大統領も含まれる。

コレアは、国の石油歳入をエクアドル人がこれまで一度も得たことのない決定的に必要な社会福祉に利用することを含めた変革を公約に選挙戦に挑んだ。彼は「市民の革命」を、又「変革の媒介者」になることを約束した。手始めに、新しい憲法を制憲議会で草案する。1998年にベネズエラ大統領に初当選した後1999年にウゴ・チャベスが選択したのに等しい様式に従って、国民投票によって〔制憲議会が〕正式に許可されることを彼〔コレア〕は望んでいる。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:24 | TrackBack(0) | エクアドル
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。