2007年02月17日

エリート民主主義:米国がベネズエラで最大限に統治した時代
ベネズエラにおける民主主義阻止の歴史―パート3
〔Elite Democracy: When Washington Reigned Supreme in Venezuela
The History of Democracy Prevention in Venezuela - Part 3 :Original Article in English/ZNet原文

クリス・カールソン〔Chris Carlson 〕;2007年2月4日

昨年9月国連総会でウゴ・チャベスが演説をしたとき、彼はワシントンが「エリート民主主義」を世界で助長していると非難した。その演説を聞いた多くの人が「エリート民主主義」で彼が意味したことを理解しなかったかもしれない。おそらく少数の人が彼の言葉がどれほど適切であったかを理解したであろう。とはいえチャベスは個人的な経験から語っていた。大部分の世界と同様に、ベネズエラはエリート民主主義による失望とその破壊的な帰結を経験してきている。世界における現代民主主義の危機と対面するためには、エリート民主主義という悲劇を理解しなければならないことをチャベスは理解している。

歴史を一貫して、ワシントンは大衆の除外と真の民主主義の阻止に専念してきた。世界中の諸国で独裁政権を就任させ、支援する長い歴史は、このことの十分な証拠である。だが独裁政権が公共関係〔public relations〕問題になると、国民をなだめるためにワシントンは米国の体系を模範としたエリートによる民主主義の形式を促進する。独裁とエリート民主主義の両方とも、真の民主的な制度の「危険」を阻止するという同一の役割を担う。エリート民主主義を通してであろうと独裁であろうと、大衆の参加は最小限に抑えられなければならない。真の民主主義が機能することは決して許されない。

ベネズエラはこのワシントンの戦略が機能する仕組みの典型的な事例研究対象である。20世紀にベネズエラは、独裁からエリート民主主義へと、そして最終的に新自由主義として知られる別の独裁へと移行した。この移行はワシントンとベネズエラのエリートによって入念に画策された。真の民主主義の「危険」は慎重に回避された。当然ながら米国の諸企業はベネズエラから正に望むものを手にした。すなわち莫大な量の安価な石油と中南米における米国製品の最良の顧客である。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 21:15 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。