2007年02月10日

指揮権を握るチャベス
〔Chávez in charge :Original Article in English/ZNet原文

リチャード・ゴット 〔Richard Gott 〕The Guardian ;2007年2月6日

ウゴ・チャベスは急いでいる。そして彼に補足的な権限を与えるというベネズエラ国民議会による今週〔1月31日〕の決定は、具体化の段階にある急進的な変化の前兆である。過去8年間大統領を務めてきたチャベスは、この先に待つ膨大な革命的計画の表面をなではじめたにすぎない。これまで明白な成功がいくつかあった。教育と保健医療に資金供給され、安価な食糧を提供することで、オイル・ダラーの前例のない総額が国の貧しい大多数に転じられた。結果は既に現れている。新しく結集され用心深い民衆が力のあるところを見せつけ始め、多くのレベルで機能している無数の地方議会や臨時委員会を通して政治的意思決定に参加している。半世紀近く前のキューバ革命以来、この様なことは中南米で起きてこなかった。胸が躍るようなことである。

とはいえ、この活気と興奮の全ては新しい諸制度を通してであり、それらは石油歳入によって直に資金供給されており、基本的に監視されていない。やはり、これは進行中の革命である。それと同時に、古い革命以前のベネズエラの多くが依然として存在している。国の伝統的な下部組織には、スペインの植民時代から引き継いだ双頭の疾患である官僚主義と汚職が蔓延している。官僚、といえば全ての省と古くからの国家機関の公務員を意味するのだが、それは何一つ達成されないことを請け負うために存在し、その一方で汚職は彼らの怠惰という権威を円滑にするために存在する。国家について当てはまることは民間産業についても当てはまる。というわけで、今週の「授権法」可決は、チャベスが必須の変化を成し遂げる望みを伴い、立法〔すなわち議会〕を犠牲にして行政により大きい権限を与えることとなる。ゆくゆくは、新しい制度と古くからの官僚主義は合流しなければならない。

これは独裁政権への道なのか、あるいは理にかなった改革への道なのか? 問題の本質は政治学者にとって聞き慣れたものであり、疑いなく中南米にとって新しいことではない。行政と立法の間のどこに均衡は置かれるべきか? それぞれの国がそれぞれの選択をするのであり、革命がその均衡を変更する機会を提供する。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:43 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。