2007年02月03日

ウゴ・チャベスとRCTV
検閲か、あるいは正当な決定か?
〔Hugo Chávez and RCTV
Censorship or a legitimate decision?:Original Article in English/ZNet原文

サリーム・ラムラニ〔Salim Lamrani〕;2007年1月27日

ウーゴ・チャベス大統領のベネズエラ政府は、2007年5月28日に失効するラディオ・カラカス・テレビシオン(RCTV)視聴覚メディアグループの免許を更新しないことを決定した。全く合法的なこの決定は国際報道界に論争を引き起こした。〔国際報道界〕はベネズエラ反対派の伝達機関になってきており、即座に「検閲」の事例を非難した。[1]

RCTVは民間企業グループであり、その主要な活動は〔ベネズエラ〕ボリバル政府の諸政策を中傷することにある。チャベスは度々、国の主要テレビ局4社(グローボビシオン、テレベン、ベネビシオンとRCTV、これらは約90パーセントの市場を支配し、事実上のメディア独占を手にしている)を、彼の政権に対する「心理戦争」を実行していると、正当な理由によって非難してきた。

これらのメディアは1999年に彼が政権に就いて以来、ベネズエラ大統領に向けた狂信的なほどの敵意を公に示してきた。彼らはこの政府の正当性を疑い、彼が必然的に得ている大衆の支持に疑問を投げかけることを決して止めてこなかった。民間メディアは番組に、憲法秩序の打倒と転覆を公言する寡頭勢力の反対陣営の人々や、反乱に加担する軍人らを絶えず招いている。[2]

RCTVを所有し、約40のラジオ・テレビ局を国中で管理する1BCメディアグループ〔grupo 1BC〕の社長マルセル・グラニエル〔Marcel Granier〕は、局の権利の侵害と称して非難した。「この〔政府の〕姿勢は違法であり、権利を侵害し、言論の自由と人権への攻撃である」と彼は訴えた。それにもかかわらずベネズエラの法律には、放送電波は国家に属し、〔国家〕が免許の権利を有する一方で、基本的施設、資料素材やチャンネルの所在地は私有財産である、と明記されている。[3]

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:55 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。