2007年01月26日

ネグロポンテ、ALBA、オルテガ就任式
〔Negroponte, Alba, Ortega inauguration :Original Article in English/ZNet原文

トニ・ソロ〔toni solo 〕;2007年1月16日

ジョン・ネグロポンテとトゥパク・カタリ(

サダム・フセイン大統領の私刑に随伴して、ブッシュ政権は死の部隊の管理者、無比のジョン・ネグロポンテが国務副長官の座に引き継ぐことを発表した。不運なコンドリーザ・ライスの下〔でのこの職務は〕、ロバート・ゼーリックが2006年に去り空席であった。ゼーリックのタイミングには感心せずにはいられない。彼は、ブッシュ政権が米国の人々のため、本国での経済的苦境とイラクにおける決定的な軍事的大惨事という驚くべき演出を完成する前に船を去った。2004年に、非凡なギャング一味の外交官であるネグロポンテはイラクに、彼が1980年代初期にホンジュラスで熟達させた大量失踪、拷問と組織的テロの助長という専門的技術をもたらした。バグダッドの米国占領の大使として、彼はいわゆる「サルバドル方式訳注1」の履行の監督に手を貸し、その死の部隊の成果は、現在イラクの絶望に陥った人々に、日々提供される前代未聞の恐怖をもたらしている。

サダム・フセインの司法殺人とネグロポンテの任命は、現代帝国主義の根本的な双子の基盤を更に再び強調した――サディズムと偽善である。もし数十万人の児童の制裁による死及び、2003年の違法の侵略とそれに続く占領に起因する数十万人の死を考慮すると、イラク国内のみで100万を優に越える死の原因を、米国、欧州及び太平洋の同盟諸国の政治エリートに今確信して帰することができる。それは一点の疑いもなく、米国、英国とオーストラリアの政治エリートの上層部を、戦争犯罪の如何なる成績表をもってしても、少なくともサダム・フセインと同等に置く。

米国とその同盟諸国は、彼の戦争と彼の国内の弾圧に対する共犯者としての彼ら自身の役割の検討を回避するために、彼の裁判を活発に人為的に操作した。その後彼らは、彼を彼の敵にリンチを加えて殺害するよう引き渡した。際立っていたのは中傷的死亡記事執筆者のなかで、世界の莫大な数の非帝国主義者の大多数にとって、サダム・フセインがどの様に見えたのかを想像する手間をかけた者があまりにも少なかったことである。何百万もの人々がフセインを、不正に対する防御者であったとみなしていた。自らの犯罪を国家のためであったと正当化した過去百年程のおびただしいその他よりも有罪でもなければ無罪でもない政治家であった、と。殉教者としてのサダム・フセインの美化とその前後関係は、残りの世界の目には米国あるいは欧州が道徳的優勢であると映っていた、という如何なる実体のない主張にも終止符を打つ。ネグロポンテの任命も同程度に、その現実を象徴している。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 00:08 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。