2007年01月19日

民衆の力におけるベネズエラの試み
〔Venezuela's experiment in popular power:Original Article in English/ZNet原文

マルタ・ハーネッカー&コラル・ウィンター、ジム・マキルロイ〔Marta Harnecker and Coral Wynter, Jim McIlroy〕Grren Left Weekly;2006年12月20日

カラカス――マルタ・ハーネッカーはチリ出身で、『Understanding the Venezuelan Revolution』 (Monthly Review Press, 2005)や、革命および中南米に関する他の本の著者である。彼女はベネズエラのボリバル革命の活動的な参加者であり、その国の社会主義者大統領、ウゴ・チャベスの顧問を務めてきた。

ハーネッカーは、ベネズエラのコミュニティー委員会〔Consejos Comunales:Communal Councils 〕――「21世紀の社会主義」を築く過程において、民衆の力と公共の参加のための媒体となるべく意図された組織体――の形成と発展に関与してきた。ハーネッカーは〔2006年〕10月下旬、グリーン・レフト・ウィークリーのインタビューに応じた。

どの様にしてコミュニティー委員会は創設され、又その進行状況はどの様ですか?

昨年私が行ったことは、興味深い事例を捜し、経験をやり取りできる人々を見つけることでした。[ベネズエラ北東部]クマナで、コミュニティー委員会が形成される何年も前から、ある組織が存在していたことを私は発見しました。それはとても小さな〔活動の〕場で、バリオ(近隣)よりも小く、200から400の家族で、組織編制されていました。またいくつかの地方の地域、皆が互いを知っており、集会に赴くのに交通手段すら必要のない地域では、例えば100家族で十分です。その場合、会合が容易です。それは、全ての人が参加することを許す場です。

明らかに、これを考えた人たちは、これ程小さな場は、通常は自ら意思表示する能力をあまり持たない人々が...意見を述べ、意思決定をすることを許すことを発見しました。[中央カラカスのリベルタドール市の市長]フレディ・ベルナルが述べたように、[コミュニティー委員会]は未来の社会の基本的な基礎組織なのです。

もし私達が連帯に向けた地域共同体を構築することに成功したなら、人々は彼らの地域に暮らす貧しい人々に心配りをするようになるでしょう。連帯[の枠組み]内で、その集団のための解決策を捜すでしょう...

チャベスは一般民衆の組織編制のための異なる手法を考察していました。ボリバル・サークル〔チャベスが組織編制した政治・社会団体〕は、より広範囲な政治的枠組み内に存在しています。彼らは政治権力に向けた団体です。コミュニティー委員会は、チャベスの側に付く人々及び、そうではない人々の両者を含みます。それは地域共同体です。つまり、コミュニティー委員会は虹の全ての色を反映しなければならない、ということです。政治的関係や政府との繋がりにかかわらず、地域共同体のために働くことを望む全ての人を包含しなければならないのです...

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:37 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。