2007年01月14日

チャベス、ベネズエラ社会主義のための国営化及び憲法改正を公表
〔Chavez Announces Nationalizations, Constitutional Reform for Socialism in Venezuela:Original Article in English/ZNet原文

グレゴリー・ウィルパート〔Gregory Wilpert〕Venezuelanalysis.com;2007年1月10日

カラカス、2007年1月8日(venezuelanalysis.com) ――新閣僚就任式において、ベネズエラのチャベス大統領は、ベネズエラにおける21世紀の社会主義の確立へと向かう、一連の劇的で新しい方策を公表した。これらの新しい方策に含まれるのは、新たな憲法制定会議の召集や、基幹産業の再国営化である。

演説でチャベスは、先の彼の大統領任期である1999年から2006年を、「過渡期」として描写した。それは今終わり、「私達は今、新しい時代、2007年から2021年のシモン・ボリバル国家計画〔Proyecto Nacional Simón Bolívar〕に、入った。」この計画が向かうのは、「ボリバル主義的社会主義であり、それには、より高い水準の努力と専心、明快さと効率性、及び革命的な特質を要する」とチャベスは述べた。2021年がチャベスにとって意義深い理由は、それがベネズエラ独立の200周年に当たるからである。

満期として数えると二期目のための水曜日の就任式において更なる詳細を明らかにするとチャベスが約束したこの新たな計画は、5つの「原動力」で構成される。すなわち、「授権」法、憲法改正、国民教育、国家権威の再構成、そして共同社会権限の爆発的増加である。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 19:10 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。