2007年01月07日

ベネズエラの草の根民主主義という秘策
〔Venezuela's Secret Grassroots Democracy :Original Article in English/ZNet原文

マイケル・フォックス〔Michael Fox 〕venezuelanalysis.com ;2006年11月30日

国際的な眼差し全てが12月3日のベネズエラ大統領選挙に向く中、ベネズエラの草の根の民主主義の全く新しく革命的な経験は、国際的に全く報道されてこなかった。この経験は、既に1万2千のコミュニティー委員会〔Consejos Comunales〕を形成してきており、その参加者らや立案者らが、ベネズエラにおける意思決定の仕方を変化させ、ベネズエラの政治制度の根本そのものを潜在的に変化させることを期待するものである。

「4月13日〔13 de Abril〕」コミュニティー委員会

「23 de Enero〔1月23日の意〕」地区があるのは、西カラカスの南の丘陵の斜面である。10年近くに亘ったマルコス・ペレス・ヒメネスの独裁政権が失墜した1958年のその日――1月23日――に数千の貧しいCaraquenos (として知られるカラカス住民)が丘の斜面から下りてきて、無人で新築の高層住宅街を占拠した時以来、そこは地域共同体編成が盛んな地域となってきた。そこは反乱と警察による弾圧の場であり続けた。ある地域共同体住民によれば、「起こった事なら何でも、責任を負わされる」地域だという。

今年〔2006年〕初頭、住民は再び主導し始めた。高層住宅街の45、46と47区に住む市民は、国中で地域共同体が形成し始めた新しいコミュニティー委員会について耳にした。

これらの新しいコミュニティー委員会は、草の根の地元政府の新たな形式と呼ばれ、そこで地元地域共同体の住民は近隣の基本的な意思決定権を有する。以前なら地元の地方自治体との長く引き伸ばされた闘争を通してのみ手にすることの出来た、共同体及び公共事業計画を実施するための資金を、これらの委員会は政府から受け取ることすらできる、とのことであった。

地元の保健委員会のメンバーらは、彼ら自身の委員会の創設に着手した。彼らは計画に関する講習会を開き、共同体の住民と需要の人口調査を行うため3月に臨時主催者チームを選出した。

共同体の代弁者の来る選挙を管理するために、選挙委員会が直に選出された。様々な共同体委員会(インフラストラクチャー、スポーツ、通信と情報、エネルギーとガス、及び法律)が、既に共同体に存在したもの(保健、都市開発)に合併するために形成され、主催チームは来る選挙を知らせるため最善を尽くした。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:39 | TrackBack(1) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。