2007年01月02日

中南米;もうひとつの世界は可能。その兆しは見える、21世紀に
〔Latin America: Another World Possible, Over the Horizon, in the 21st Century:Original Article in English/ZNet原文

クリス・スパノス〔Chris Spannos〕;2006年11月19日

[当記事の別バージョンは、〔ワシントンポスト・ウェブ版の1コーナー〕「Post Global」のためにWashington Post.comの編集者らによって要請された。先日のニカラグアのオルテガ勝利に関する、グレッグ・グランディン、セルヒオ・ラミレスやマーク・ウェイスブロートによる記事と共に次の数週間に亘って掲載される。これはZNetのために改訂された。]

中南米では何が起きているのか? 先週〔2006年11月第2週〕のニカラグアでのダニエル・オルテガの勝利は、変革に対する願望と期待の、大衆のもう一つの表明であったのか? 南米において左傾化の潮流は前進しているのか? 残りの世界にとっての帰結は如何なるものなのか? スペインの植民地主義の長い歴史や、自由市場政策によって課せられた数十年の貧困の後、中南米の人々は新自由主義の重圧を断ち切ろうと努力している。

ワシントンが反対派団体を支援し、辛辣なプロパガンダ攻勢を仕掛け、オルテガの立候補に苦々しく反対したとはいえ、オルテガの勝利のみが懸念の主な理由ではありそうにない。彼が更に右派にあるいは左派に揺れるのかについて、彼は明確でない合図を出してきた。彼は国を荒廃させた「野蛮な資本主義」を酷評すると同時に、財産権を尊重し、新たに施行された米国との中米自由貿易協定〔CAFTA〕を支持し、国際通貨基金〔IMF〕と新しい経済的な一括協定を協議すると約束して、国の企業家指導者らの機嫌を取ってきた。彼がニカラグア人の貧困と福利に誠実に取り組む方向へ国を進めるのか、あるいは国を更に新自由主義の処方箋に委ねるのかを見定めるには時期尚早である。

ワシントンにとってより由々しいのは、この地域における変化する潮流を示す周囲の勢力である。ワシントンの悩みの種であるベネズエラのチャベスは、12月3日に大統領再選を目指している。他にも中道左派の政府や大衆社会運動や先住民運動があり、エクアドルの11月26日の決選投票もあり、ラファエル・コレアが当選した場合、大陸の左翼への更なる前進となる。オルテガの当選は単に、北と南の間のみならず、南それ自体の内部の不平等に対する中南米大衆の不満及び、それをどうにかするべく活動する意識と願望が存在する、という更なる証明なのである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 23:40 | TrackBack(0) | 中南米全般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。