2006年12月21日

前進するチャベス
〔"It's My Party, and I'll Cry If I Want to": Chavez Moves Forward :Original Article in English/ZNet原文

マイケル・A・レボウィッツ〔Michael A. Lebowitz 〕MRZine;2006年12月18日

ボリバル主義の多数の集会や祝典の場であるテレサ・カレーニョ劇場での昨晩の集会に多くの悲しそうな顔があったのは、私の想像だったのであろうか? 紛れもなく、それはもうひとつの祝典の時であった。それは12月3日のウゴ・チャベスの選挙勝利を承認し、また特に〔チャベスの選挙組織〕コマンド・ミランダの選挙運動員の貢献に感謝を示す集会であった。

実際、彼らは感謝を示した。チャベス再選のため最大の投票を引き出した州の組織に証書が授与された。デルタアマクロ(77.98%)、アマソナス(77.81%)、ポルトゥゲサ(77.05%)、スクレ(73.70%)、そしてコヘデス(73.33%)――それに加えて、リオ・ネグロ(96.4%)の様な模範的な自治区大隊に。確かに祝賀の時であった。

ではなぜ、陰気な顔なのか? それはチャベス彼自身に関係していた。さて、私は数多く、チャベスの演説を国営テレビの8チャンネルで見てきた。それは全範囲に及んできた――赤いシャツを着たチャベスと赤いシャツを着た支持者ら(特に女性たち)の間に高速の電流が流れ、彼らを見る見る高揚させる興奮させる行事、大臣らや著名な指導者らが合図で笑顔を見せ、含み笑いをし、ほんの僅かな言及を切望する集会、そして国家との商取引を望む実業家らが、彼らの将来の手がかりのため、青いスーツのチャベスに聞き入る似たような会合。だが今回は全く違っていた。

昨晩、劇場の後ろ半分と最上階の安価な席から歓声が上がった――しかし高価な席からはわずかであった。それはチャベスのメッセージに関係していた。社会主義へと向かうという部分ではない(とはいえ、未だにその言葉に身を震わせるのだが、形容詞をどうにかする望みを抱いている者がいたではあろうが)。また、大臣全員に辞職を要求した部分でもない(それは単なる形式的手続きであり得るのと同時に、新たな職務の可能性を開き得るから)。そして、汚職に対する非難でもない(それは以前にも聞かれた)。そうではなく、それは全て、新たな政党、「唯一政党〔unique party:partido único〕」に関してである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:44 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。