2006年12月02日

白人入植者エリートとの関係の清算を準備する中南米
ボリビアからベネズエラまで、大陸を吹き抜ける政治運動や抗議は、階級のみならず人種についてでもある
〔Latin America is preparing to settle accounts with its white settler elite
The political movements and protests sweeping the continent - from Bolivia to Venezuela - are as much about race as class :Original Article in English/ZNet原文

リチャード・ゴット〔Richard Gott〕The Guardian;2006年11月19日

アイマラ族のエボ・モラレスが今年ボリビア大統領として当選したことで頂点に達した中南米における先住民抗議の近年の激増は、何世紀にも亘り大陸を支配してきた白人入植者エリートのあやうい立場を際立たせてきた。「白人入植者〔white settler 〕」という用語が多くの欧州の植民地の歴史において聞き慣れたもので、軽蔑的な響きを伴うとはいえ、中南米(と米国)の白人は通例このようには描写されず、彼ら自身この表現を決して使わない。この英語の語句を十分に翻訳できるスペイン語やポルトガル語は存在しない。

16世紀以来の植民の長い経験の結果、伝統的に中南米は、他の地域の植民地計画から区別された大陸である、とみなされてきた。それにもかかわらず、それは実のところ、より近い時代の欧州からの白人入植者の地球規模の拡張の歴史に属している。今日のエリートは主として、〔18世紀頃の中南米諸国〕独立後の2世紀の間に発展した移民の欧州文化の産物なのである。

記事の続きを読む


posted by Agrotous at 22:26 | TrackBack(0) | ベネズエラ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。